« December 2011 | Main | March 2012 »

2012.01.31

Qiita

そういえば小さい時は学校の先生なりたかったんだよなーと思いながら、自分の出来ることを考えている毎日です。そんななか、Qiitaについて思ったことをだらだらと書いてみます。一応Verilog-HDLの質問は受付中ですが、今のところほとんど話題がありません。質問どんとこい!です。

いろんな事をいろんな人と一緒に勉強していくのって楽しい、これが基本にあって Qiita がそういう場になれば良いですね。そして、会社として上手く成長していって欲しいです。

(1)中の人達
@kony_t
とりあえずこの3つ読めばQiitaのコンセプトが分かる。

忘れてた、Qiitaを作った理由が抜けてる
http://kony.me/post/15134243581/why-i-developed-qiita

点と点が繋がって、今の自分がある
http://kony.me/post/15173240055/connecting-the-dots

なぜ会社を退職してQiitaを作ろうと思ったのか
http://kony.me/post/15132970479/determination

文章読んだだけで力を感じますね。大手さんにいた経験もこれから生きてくるでしょう。

@yaotti
人柄を見るにはこの辺

2011年を振り返って
http://yaotti.hatenablog.com/entry/2011/12/31/041725

僕が思うに、@yaotti の雰囲気が変わったのはSVCに参加してから。ここから@yaottiが本気になって自分探しを始め、ようやくQiitaにたどり着いた。
http://d.hatena.ne.jp/yaotti/20090405/1238956815

シリコンバレーカンファレンスの公式サイトはここ。今学生の人で、力をもてあましている人はチェックしておいた方がよい。
http://www.jtpa.org/event/svtour/

@tatata111
twitterを見てみましたが、僕の知っている人達とのりが違ってよく分かりません><
小さいチームだからこそ個性的なメンバーが必要ですね。これから要チェックです。lovely

(2)今のQiitaの不満点
普段使っていて気になった所をいくつか

・イイネボタン(解決済み)
流石にランキングまでは要らないけど、気楽にイイネでもLike!でもスターでもつけたいですね。僕ももらったらうれしいし、ノーリアクションだと悲しい。
いつの間にか++機能がついてました。やったね!
http://blog.qiita.com/post/16755367063/voteup-function

・検索
今実装中なのでもう少し様子みます。

検索とは別に、まとめも欲しかったりします。例えば、こんなの。
http://xyzzy.s53.xrea.com/wiki/
http://tips.lisp-users.org/common-lisp/

Qiitaとしてのまとめも欲しいし、自分用のまとめも作りたいですよね。このまとめと検索機能ですごいのが出来たら、企業や大学の情報共有のシステムとして使いたくなるんじゃないかな。

・更新通知
毎回ブラウザで、http://qiita.com/ を開いて、twitterでLogin しているんだけど他の人はどうしてるんだろう。何かしらの更新通知欲しいですよね。初期にはRSSを取得する方法が話題になっていたようだけど、検索できないからよく分かりません。毎回メールが来てもちょっと困るので、ある程度の間隔でtwitterで@を飛ばして欲しい。チェックしているネタが更新される度に@が来るのも多すぎなので、さじ加減が難しいです。 tweetdeck のピローンという音で通知してくれたらうれしい。

・ネタの投稿
ある程度きっちりしたネタだと、自分のブログに書きたいってのがある。大人げないけど、Qiita知らない人にも見てもらいたいし、はてブ欲しいし、自分のネタとして使いたい。Qiitaに書いたらはてなダイアリーにも投稿するとか、はてなダイアリーに書いたのをそのままQiitaに投稿したいです。

# 更新通知とネタの投稿については http://liblar.com/ も全く同じ問題を抱えていて、同じようなWebサービスをする人はどこかでぶつかる壁かな。

Qiita見てると最近よく聞いているいきものがかりの歌(ユーキャンのCM)がよぎります。

♪Try!! 一瞬にして Fly!! 飛び越えちゃって 手探りで掴むのはあの日決めた夢
♪いつだって~

強いてまとめると、Qiitaも僕もこれを読んでるあなたも、お互いに頑張って行きましょう!イェイ!

ブログなつたんはQiitaといきものがかりを応援しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.24

今日の日記

GitHire からメールが来た。無差別に送っているっぽい。

Being Geek読み始めた。ちょっと説教くさいので読むのが嫌になる。こういうのも受け入れていく年齢なんだろうな。

ダイエット進まず-1.3Kg。やっぱり外食が駄目だ。お昼のお弁当と夜食の禁止を徹底しないと。

NHKでプロフェッショナル仕事の流儀をやっていたので見てみた。@shinhさんや@kinabaさんを探したけど見つからず。Googleでの会議の様子が見れて面白かった。会議が割と普通な感じで驚いた。もっと数式が舞っているようなのを期待していた。わかりやすいのを選んでくれたのかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.09

今日の日記

体重は、1.1kg減。一週間1kgペースで頑張ろう。

年末にやっていたプリキュアオールスターDX2を何回も見ている。映画館で上映された物のダイジェスト版で、2時間を1時間に圧縮しています。テンポが良く、変身シーンと、最後の踊りを何回も見ています。やっぱりハートキャッチが一番人気。

商用でも無料で使えるPythonのQtバインド Pysideを知る。時間があれば試してみたい。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2012.01.06

Scientists At Bell Labs は買ってはいけない本

Amazon.co.jp から Scientists At Bell Labs, including: Bjarne Stroustrup, Brian Kernighan, Claude Shannon, Dennis Ritchie, Harry Kroto, John Bardeen, William Shockley, ... Aho, Harry Nyquist, Harold Stephen Black が届いた。中を見たら Wikipedia を印刷しただけの本で、思わずきえーーーーーっと叫んでまった。

どういうことなのと思って、Amazonを確認。
http://www.amazon.com/dp/1242584684/
Amazon.comには、wikipedia からって書いてあるな。あれーと思って、購入元のamazon.co.jpを見てみると、
http://www.amazon.co.jp/dp/1242584684/
こっちには何にも書いてないやんか。騙された。

本の内容は、とにかくWikipediaの内容をはしょったような事が延々とコピペしてある。紹介している人数が半端じゃなくて、一人一人のページは2ページくらい。タイトルのまま、Bjarne Stroustrup, Brian Kernighan, Claude Shannon, Dennis Ritchie, Harry Kroto, John Bardeen, William Shockleyに絞って、関連項目までまとめて印刷してあると読みたくなるんだが、ほとんどがwikipeからコピペしたBio情報くらいしか載ってない。絶対買っちゃダメだ。

前にもLispworksの本を危うく買いかけたので注意したい。URLはこれな>http://www.amazon.com/dp/6136690810/
この手の出版社は、知っているだけでもAlphascript Publishing、Hephaestus Books、Dic Press の3社。他にもあるはず。

よい子のみんなも注意しよう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.05

Lisp Lore

https://twitter.com/#!/takeoka/status/154522929076506625から

http://www.archive.org/details/lisploreguidetop00bromから、Lisp Loreのpdfがダウンロード出来ます。

たしかこの本持っているなと思って調べてみたら、ダウンロード出来るのは初版、僕が持っているのは第二版でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.04

新年の挨拶2012

あけましておめでとうございます。

去年は社会復帰の一年でしたが、無事4月から新しい就職先が見つかり、9ヶ月無事に働き続けることが出来ました。

今年は
①増えてしまった体重を戻す。
②浪費してしまった貯金を戻す。
③夢と熱意を持って仕事に取り組む
の3点でいきます。

特に体重は「働かざる者食うべからず」を「働き始めたら、好きなだけ食べて良い」と脳内変換してしまった事が原因で、0.1tに手が届きそうです。自分の健康と家族の時間を大事に品がら、エンジニアとして情熱を注いだ物を、いろんな形でリリースできる一年にしていきたいです。

今年もよろしくお願いします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | March 2012 »