« January 2011 | Main | April 2011 »

2011.02.28

ハードウェア関係の本を引き取ってもらえる人募集!

例によって、今年も本の引き取り先を募集しています。
学生の方を優先しますが、ラインナップがラインナップなので、社会人の方でも引きって頂けるとたすかります。本の状態はまちまちで、新品同然の本もあれば、ちょっと古くなったり、書き込みがある物もあります。あまり期待しないで、引き取ってください。


・Advanced Verification Techniques http://www.amazon.com/dp/1441954090/
・Jitter, Noise, and Signal Integrity at High-Speed http://www.amazon.com/dp/0132429616/
・Systemc from the ground up http://www.amazon.co.jp/dp/0387292403
 Second Edition ではないです。
・High Speed Digital Design http://www.amazon.com/dp/0133957241/
・SystemC Kernel Extensions for Heterogeneous System Modeling: A Framework for Multi-MoC Modeling & Simulation http://www.amazon.com/dp/1441954724/
・Handbook of Digital Techniques for High-Speed Design: Design Examples, Signaling and Memory Technologies, Fiber Optics, Modeling, and Simulation to Ensure Signal Integrity http://www.amazon.com/dp/013142291X/
・Principles of Functional Verification http://www.amazon.com/dp/0750676175/
・Writing Testbenches: Functional Verification of HDL Models, Second Edition http://www.amazon.com/dp/1402074018/
・Transaction-Level Modeling with SystemC: TLM Concepts and Applications for Embedded Systems http://www.amazon.com/dp/1441938753/
・Performance Evaluation of Parallel Packet-Processing Architectures Using SystemC-Based Modeling and Refinement http://www.amazon.co.jp/gp/product/3832258825/

ここから購入できる本です。最新版じゃないかも。
http://www.doulos.com/content/products/golden_reference_guides.php
・Verilog Golden Reference Guide
・System Verilog Golden Reference Guide
・SystemC Golden Reference Guide

・マイクロウェーブ技術入門講座 http://www.amazon.co.jp/dp/4789830403
・技術者のためのプリント基板設計入門 http://www.amazon.co.jp/dp/4789837475/
・高速ディジタル回路実装ノウハウ http://www.amazon.co.jp/dp/4789833488/
・定本 ASICの論理回路設計―高速・高信頼ディジタル・システムのための設計ノウハウ http://www.amazon.co.jp/dp/4789830446/
・定本 続トランジスタ回路の設計 http://www.amazon.co.jp/dp/4789830470/
・Verilog‐HDLによるテストベンチ http://www.amazon.co.jp/dp/4924998664/

本を引き取って頂ける方は、YRW03704@ニフティ.comまで、メールください。
メールには、欲しい本(複数大歓迎)と以下の情報を書いてください。
・お名前
・学生 or 社会人
・送り先
・送り先の電話番号
 (私から電話をかけることはありませんが、宅急便を使うときに必要です)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2011.02.21

分厚い洋書を最後まで読むために工夫したこと

Nagato_bookmark

長門を栞にするだけで、毎日洋書を開きたくなる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2011 | Main | April 2011 »