« 今日の日記 | Main | バイナリアンへの道は遠い »

2008.04.26

コンパイラの本がいっぱい

ときどきの雑記帖 i戦士篇を見て、「ジェネレーティブ・プログラミング」「ビューティフルコード」を本屋で購入。ついでに、「Googleを支える基盤技術」も購入。

Amazon.comから、Parsing Techniques、Modern Compiler Implementation in C、到着。

Amazon.co.jpから、To Mock a Mockingbird、はじめてのコンパイラ - 原理と実践、コンパイラの構成と最適化、Compiler Design Using FLEX and YACC

買いすぎだろ!

これでコンパイラの本の有名どころはそろった気がするので、「○○という本には、××について載っていますか?」という質問には答えられる。本屋に置いていない本も多いので、質問はお気軽にどうぞ。Parsing Techniquesは、650ページもあってボリュームたっぷり、その割には鞄に入る大きさなのでポイントが高い。勢いで買ったが猫に小判すぎる。何かしら詰まったら読んでみようと思う。

コンパイラの本をずらずらと並べて拾い読みをしたところ、LRのパーサについては、「はじめてのコンパイラ」読んで、「コンパイラの構成と最適化」を読めば十分だと判断し、ドラゴンブックはしまうことにする。というか、「コンパイラの構成と最適化」があれば、ドラゴンブック(の少なくとも前半)は、読まなくても良い気がした。

|

« 今日の日記 | Main | バイナリアンへの道は遠い »

Comments

>To Mock a Mockingbird
これはコンパイラの本じゃないのでは?w
いやまあまるきり無関係とまではいわないでしょうが。

>Compiler Design Using FLEX and YACC
lex and yacc でも flex and bison でもなく flex and yaccなのがナゾ。

Posted by: きむら(K) | 2008.04.27 at 01:59 AM

きむら(K) さん

>>To Mock a Mockingbird
>これはコンパイラの本じゃないのでは?w
あまり記憶に無いのですが、西尾さんが読んでいたので、
ついポチッと押したと思います。全然コードが無くて、絶望
しているところです。

>>Compiler Design Using FLEX and YACC
>lex and yacc でも flex and bison でもなく flex and yaccなのがナゾ。
言われるまで気がつきませんでした。
Introductionを読んでみても、特に何も書いてありませんね。
筆者の趣味なのかな。ぼちぼち読んでみて気がついたらここに書きます。

Posted by: なつたん | 2008.04.27 at 02:03 PM

こんにちは。Modern Compiler Implementation in C ってどんな感じですか?
良さそうなら検討してみたいんですけど、なかなかネット見ても感想がないみたいで…。

Posted by: Noppi | 2008.05.21 at 09:11 PM

Noppiさん

ちゃんと読んだわけではないので、C言語でコンパイラを書いている
くらいしかわかりません。

ピンポイントの質問(○○というアルゴリズムは載っているか等)で
あれば確認できますので、遠慮なく聞いてください。

Posted by: なつたん | 2008.05.22 at 06:51 PM

なつたんさん、お返事ありがとうございます。
そうですね。まだ基本的な知識もあまりない状態ですので、
もうちょっとピンポイントな質問が出来るようになりましたら
もう一度お伺いさせて頂くかもしれません。

Posted by: Noppi | 2008.05.22 at 08:32 PM

前の版のドラゴンブックよりはより実践的な内容といえると思います。
ドラゴンブックではあまり解説がなかったコード生成以後のパートも
それなりにボリュームがあったのではないかと。
新しい方のドラゴンと比べると…どうなんでしょうねえ?

Posted by: きむら(K) | 2008.05.22 at 10:15 PM

きむら(K)さん、ありがとうございます。
ドラゴンブック、まだ手に入れてないんですよね。
日本語の 2 巻がどこにも売ってないので…。
まずは(原書の)ドラゴンブックを読んでから考えた方が良いのかもしれませんね。

Posted by: Noppi | 2008.05.23 at 07:57 PM

> Noppi さん
ぜひぜひ、よろしくお願いします。
最初の一歩は、東大のminipy演習が良くまとまっています。
http://www.logos.t.u-tokyo.ac.jp/lectures/enshu2007/index.php?%B9%D6%B5%C1%BB%F1%CE%C1


> きむら(K)さん
フォローありがとうございます。
今のドラゴンブックも実際のコードはあるのですが、疑似コードに
近いレベルで、実装に関しては参考程度にしかなりません。


時間ができたら、タイガーブックの読もう!。

Posted by: なつたん | 2008.05.25 at 11:13 AM

なつたんさん、ありがとうございます。

東大のminipy演習見てみました。
シンプルでわかりやすいですね。
ドラゴンブックとタイガーブックをAmazonで注文しました。
いろいろアドバイスありがとうございました。

Posted by: Noppi | 2008.05.26 at 08:22 PM

Noppiさん

入れ違いになりましたが、タイガーブックざっと見てみました。
長くなったので別エントリーにしましたが、よろしければ参考にしてください。

Posted by: なつたん | 2008.05.27 at 09:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/41001764

Listed below are links to weblogs that reference コンパイラの本がいっぱい:

» 新しい言語を作る...(コンパイラ入門) [読書感想文]
数年前に、非常に機能が少ないインタプリタのようなものを作りました。結構小回りが効くので、仕事でも重宝して使っていたのですが、やはり本格的なものを作ってみたいなぁと、思っていたのです。コンパイラ作成については、いろいろな書籍があるのですが、この本は、C#で言語開発が出来るよう、解説がしてあります。コンパイラ入門 冨沢高明 ソフトバンククリエイティブ よく、掲示板などでは、いまさら新たな言語を開発して、何の意味があるんだなどの議論が良くあります。まぁ、普段は、すでに普及している言語を、用途に応...... [Read More]

Tracked on 2008.05.08 at 02:17 PM

« 今日の日記 | Main | バイナリアンへの道は遠い »