« 卒業式のノリで納品 | Main | パーサの本 »

2008.03.07

(長門の)UARTを作ろう! その2

前回の(長門の)UARTを作ろう!は、どこが長門なのか分からないというdisられっぷりと、RS-232Cのプロトコルをすっかり間違えていたという、踏んだり蹴ったりな状況でした。uartの頭にnが付いたら長門だろJK。

とりあえず、送信に関してはバグは直しました。あとは、誰がみても「はいはい、長門、長門」と言えるように長門成分を追加しました。

Nios Development Board, Cyclone Edition に突っ込んで、パソコンとシリアルケーブルをつなぐと、こんな画面が!

リセットを押すと、どんどん長門プロンプトがでてきます。ヤター!

はいはい、長門、長門

ファイルはここ。uartの送信側のバグは修正済み。

ソースの見所は、nbfk_core.v の90行目以降
 
YN_Y_STATE:begin
 sio_nagato_data_r <= 8'h59; //'Y'
 sio_nagato_wr_r <= 1;
 nagato_state <= YN_U_STATE;
end
YN_U_STATE:begin
 sio_nagato_data_r <= 8'h55; //'U'
 nagato_state <= YN_K_STATE;
end
YN_K_STATE:begin
 sio_nagato_data_r <= 8'h4B; //'K'
 nagato_state <= YN_I_STATE;
end

長門プロンプトを出力するために、ROMの読み出しなど安易な事を行わず、一文字ずつ丁寧にステートを遷移させているところに長門への愛情を感じて欲しい。

|

« 卒業式のノリで納品 | Main | パーサの本 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/40413821

Listed below are links to weblogs that reference (長門の)UARTを作ろう! その2:

« 卒業式のノリで納品 | Main | パーサの本 »