« 今日の日記 | Main | 今日の日記 »

2007.10.16

Transaction-Level Modeling With SystemC その4

HPIOMを知る、がよく分からない。
いろいろ書いてあるけど、後で読むにしておく。

これが欲しい
http://www.springerlink.com/content/e768628163886068/
と思ったら面白ろそうなドキュメントが大量に!
http://www.springerlink.com/content/?k=systemc

そして、Kroening氏を知る。OSCIの偉い人みたい。
http://www.kroening.com/
ここもタイトルだけで鼻血もののドキュメントが!

PROVING THE CORRECTNESS OF PROCESSORS WITH DELAYED BRANCH USING DELAYED PC
遅延プログラムカウンタを使って、遅延分岐と同じ事できるよ。僕たちは証明したよ。
noboshemonさん、どうぞ

C++のKoenig Lookupの人とは別人でした。最初は同じ人かと思って驚いたことは秘密。ひろゆきとゆきひろみたいな感じ。

|

« 今日の日記 | Main | 今日の日記 »

Comments

> PROVING THE CORRECTNESS OF PROCESSORS
> WITH DELAYED BRANCH USING DELAYED PC
> 遅延プログラムカウンタを使って、
> 遅延分岐と同じ事できるよ。僕たちは証明したよ。
> > noboshemonさん、どうぞ

ううむ。図の意味はわーらんでもないですけど。
要するに phase 毎に pc 持ってるのと、
同じことのような気がしてますけど...
多分あちきが "簡単でない" 実装の方をやったことないんで、
わかんないのだとは思いますが。
"遅延スロットを魔法のように無くせる方法" とかだったら、
気合入れて読みますけどねえ...

Posted by: noboshemon | 2007.10.16 at 06:42 PM

noboshemonさん、こんにちは。

> "遅延スロットを魔法のように無くせる方法"
これはなかなか難しいでしょうね。
仕事の手が空いたらぼちぼち読んで行きます。
何か新しい発見があれば、ここに書こう。

Posted by: なつたん | 2007.10.17 at 05:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/16778455

Listed below are links to weblogs that reference Transaction-Level Modeling With SystemC その4:

« 今日の日記 | Main | 今日の日記 »