« これは読んどけ | Main | RTOSと読書 »

2007.10.14

Transaction-Level Modeling With SystemC その3

Chapter 4から
4.3. Approach to OS/Firmwarae Development

割り込みとMMUの話が面白いが、たいしたことは書いていない。

ISSと割り込みって相性悪いと思う。もうちょっと突っ込んで書いて欲しい。MMUも下手にシミュレータ用の環境を作ると、そこで等価性が保てなくなるから難しい。Linuxを使うときは、uClinuxが一番良いらしい。user-modeのAPIだけでなく、kernel moduleをダイナミックにロードする仕組みを提供しているから。最初は、MMU無しの環境で検証して、続いてMMU有りの検証に移っていく。なるほど。

5.3.1. Provision of Realstic Environments
TLM platform は3-in-1のソリューションを提供している。

・Development environment:開発環境のみ、コンパイルエラーの早期発見や、プログラムサイズの見積もりなどに使用
・Execuion environment:TLMの実行環境
・Simulation environments:実際のシミュレーション環境

全然3-in-1じゃ無い気がする。

|

« これは読んどけ | Main | RTOSと読書 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/16757361

Listed below are links to weblogs that reference Transaction-Level Modeling With SystemC その3:

« これは読んどけ | Main | RTOSと読書 »