« 今日の日記 | Main | Transaction-Level Modeling With SystemC その3 »

2007.10.14

これは読んどけ

ときどきの雑記帖 リターンズさんから

> これは読んどけ。ですね。
> http://dev2dev.bea.com/blog/simonvc/archive/2007/10/the_bibles_or_w.html

> わたしがわからなかった本の情報をご存知の方がいらっしゃいましたら解説を お願いしますー

On Lispは説明不要。

CTMってConcepts, Techniques, and Models of Computer Programmingかな。
TAPLは別の人にパスを出しておこう。僕もどういう位置づけの本か知りたい。

Code Complete:コードコンプリート
Pragmatic Programmer:達人プログラマ
Programming Pearls:珠玉のプログラミング

Tanenbaum - maybe.
Tanenbaumと言った時は一般的にどの本になるんだろう。僕はMINIX本だど思うけど、他にもいっぱい本があるから。まあmaybeだから、良くも悪くもそれなりなのかな。

Programming Erlangは他に並んでいる本と比べると、評価するにはまだ早い気がする。

パタヘネが抜けてるよ!。

|

« 今日の日記 | Main | Transaction-Level Modeling With SystemC その3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/16753259

Listed below are links to weblogs that reference これは読んどけ:

« 今日の日記 | Main | Transaction-Level Modeling With SystemC その3 »