« 今日の日記 | Main | MicroBlaze Architecture と NiosII Architecture »

2007.10.17

娘と新会社

今月はいろいろと生まれる月でした。

(1)次女誕生!
先週、嫁と共に無事退院しました。
名前は、普通に有希ちゃんにして長門君と結婚させようと思ったのですが、嫁に「何それ、ゆうゆが由紀子やし?きもちわるっ。ちょっとオタクは黙っといて。」と罵倒されたので、無かったことになりました。ゆうゆでは無いと言いたかったのですが、だいたい当たっているので何も言えませんでした。もう一つ、長女の名前をひらがなでかいて、何本か棒をたすと全然違う雰囲気の名前の可愛い名前になることを発見しました。嫁は長女からのお下がりの名前問題を解決できるし、ミステリー好きの僕としては姉妹での言葉遊びは面白かったので、それにしようと大枠できまりかけました。ある日突然、二人とも我に返り、生まれてくる子に説明しにくいよね、という事で無しになりました。
結局は普通の名前になりました。やや珍しい字ではありますが、俳句の季語にも使われている歴史のある字だったので、良しとしました。

うちの近くは、産婦人科が供給過剰という珍しい場所なのでいろいろ選べたのですが、結局家の一番近くにしました。長女の時は地元で一番大きい総合病院で、助産婦さんが少数精鋭でスタンバイしていて、私も嫁をはげましたり、ベッドを運んだりいろいろとすることがありました。今回は、生まれてくるときに先生から、助産婦さんから総動員でやってくれたので本当にやることが少なかったです。

先生「もう出ている、頑張って」
先生の奥さん(この人も先生)「力抜いて、息すって」
助産婦さん「前見て、前見て、頑張れ」
僕「頑張・・」
先生「すー、っぱで行きましょう」
先生の奥さん「すーっぱ」
僕「す・・」
助産婦さん「前見て、手に力入れて」

僕にも発言させてください。orz

生まれる前から女の子だとは分かっていたのですが、先生が思いこみの激しい人で
先生「ほら、元気な男の子が生まれた!」
先生の奥さん&助産婦さん「女の子ですよ」

先生「元気な男の子やねー」
先生の奥さん&助産婦さん「女の子です!」

と、漫才みたいな掛け合いをしながら、楽しく産むことができました。小さいところも良いですよ。

(2)冷やし中華  新会社はじめました。
一部の人にはばれていましたが、ようやく正式発表になったので書く。
会社作りましたって程何かしたわけではないし、出資しているから会社変わりますともちょっと違う。ちなみに資本金は1008万円。みんなで資本金を集めた結果、きりの良い数字ではないですが、社長がそっちの方が良いといったので1008万円で始めることになりました。もともと4人で始めた事業が、なんとか大きくなり人も増え、僕自信もパレートの法則でいうところの2:8の2から8に良い具合に転がり落ち、SystemCやらSICPとかだらだらと勉強していたのですが、また2の方に無理矢理戻されそうです。

まあ、無理矢理メリットを書き出すと、今ならプログラミング言語なんでも選べるってこと。主軸はFPGAにあるので、はてなや、Paul Graham、Shiroさんとは全然状況が違うのですが、Common Lispだろうが、BrainF*ckだろうが、結果が出せるなら何を持ってきても良い。本当に残念なのは、SICPを5年前に読まなかったこと。ambでFPGAの分割問題が解けることも知っているし、EDIFを直接読み書きが出来ることも分かっている。もう少し特定の処理系に慣れて、自分でいろいろと作っていれば、このタイミングでCommon Lispというのは十分あり得たと思う。残念ながら今の僕の実力だとLispの出番はない。次に入ってくる若い人たちに期待しよう。もう一回言っておく。SICPは20代で読んでおこう、人生変わるよ。

デメリットの方は、またOrCADとかオシロとかそっちの世界に戻らないといけないことです。人が減ったから、自分でできることは自分でしないといけません。あとは、このブログをどうするかが気がかりです。会社の事考えたら、日記と技術系は分けた方が良い。「むしゃくしゃしたので、デバッグルームのマシンを全部長門プロンプトにしてやった」とか書いた日には、優秀なんだけど朝倉さん好きの人が入社を躊躇することは十分考えられる。困ったものです。

ここ一年くらいはプログラミング言語の勉強もして、充電もできたので、ガンガン仕事しよう。そして、まただらだらできる環境を作り出そう。

最後に
前の会社の人事の人に「やはり、ご自身で作られた製品というのは、自分の子供のようなものですな」と言われて、つい空気を読んで「そうです」と答えてしまった。
今だから言う。

娘の方が100万倍可愛いよ!

|

« 今日の日記 | Main | MicroBlaze Architecture と NiosII Architecture »

Comments

お子さんと新会社おめでとうございます。

Posted by: ひげぽん | 2007.10.17 at 08:43 PM

ひげぽんさん、ありがとございます。
時間が取れれば、Gaucheリーディング等も参加したいのですが、なかなか忙しいです。
Mona OS/Scheme shellも期待しています。

Posted by: なつたん | 2007.10.18 at 08:49 AM

おめでとうございます!
なんか充実感たっぷりですね。

>SICPは20代で読んでおこう、人生変わるよ。

うーん、ギリギリアウト。
とりあえず最近、Schemeから学び始めようかとしてたところなんですが。。。
基本ハードの人間なので、プログラムをよく知らないというところが若干問題ありって気もしますが。

新会社って楽しそうですね。
なんか面白いことがあったら誘ってください。

Posted by: アイン | 2007.10.18 at 11:37 AM

お世話になっております。

お子さんと新会社おめでとうございます。

娘さん二人だと家と同じですね。
会社のWEBも拝見しました。素晴らしいです。

P.S.
micro32(Lattice)も走らせてみたのですが、MIPSっぽかったです。

Posted by: たっく | 2007.10.18 at 01:10 PM

お子さん、新会社おめでとうございます。
お子さんが2人になると、奥様が大変ですが、上のお子さんも遊び相手ができて良いですね。

Posted by: marsee | 2007.10.18 at 04:10 PM

>>アインさん
Scheme面白いですよ。まだ、ぎりぎりだったら私よりも若いです。
会社の設立メンバーになると、自分の会社の悪口は言えないので良いところしか書かないと思います。
悪いところがあれば、それを良くしていくことが仕事になるので。
事業が回り出して、エンジニアの募集が可能になればこっそりここに書きますね。

>>たっくさん
いえいえ、まだまだこれからです。
会社の行く末よりも、娘に嫌われないかだけが心配です。

# AlteraもXilinxもMIPSの文字が無いので、ライセンスを受けたわけでなく勝手に作ったっぽいですね。

>>marseeさん
長女は例によって荒れまくっています。本人が状況を受け入れるには、もう少し時間がかかりそうです。
なかなかコメント出来ないのですが、FPGAの部屋も毎日楽しみにしています。

Posted by: なつたん | 2007.10.19 at 08:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/16788433

Listed below are links to weblogs that reference 娘と新会社:

« 今日の日記 | Main | MicroBlaze Architecture と NiosII Architecture »