« Transaction-Level Modeling With SystemC その3 | Main | 親子 »

2007.09.27

今日の日記

・アクセス制限
会社や取引先の人とか、リアルで知り合いな人だけアクセス制限したいときってある。逆Mixiみたい。会社の愚痴とか、そういうの書くところがたまには欲しい。でも増田は嫌。どれくらい有効か分からないけど、トップにロリな絵を貼り付けて、まっとうな組織では立ち上げられないようにするのも良いかと思った。

フィンローダ・メソッドと名付けてみた。

↓こんな発言とか

・オタリーマン
1,2とも身に覚えのある話ばかりで、読んでいてイタタタタとなる。
会社の女の人と目をみて離せなかったり、タクシーを一緒に乗るとめいっぱい距離を取ろうとしたり、良くある。

・続 初めてのPerlより。
Perlはインタプリタですよみたいな分類分けをすると、コンパイルしているぞ!と突っ込む人たちが必ずいるわけです。Perlはコンパイルするよ厨かと思っていたのですが、BEGIN {}とか、useとか、コンパイル抜きでは理解できない機能がPerlにはある事をしりました。なるほど。

・バイオインフォ
もうちょっと良い省略の仕方は無いんだろうか。バイインじゃちょっといやらしい、BIは略しすぎ、バイフォくらいでどうよ、と思うんだが超素人がこんな所で書いてもしょうがない。しかし、バイオインフォマティクスの本は遊びが無いな。UNIXの本とか、最初にGNU's Not Unix とか、次は中野さんがどうのとか、いろいろ書いてあったきがするんだが。まずはおやじギャグから入る。

バイオインフォマティクスのためのPerl入門がわかりやすそうなので、そちらでPDBと戯れることにする。
デジャブ感があると思ったら、Data Crunchingに出てきたフォーマットだ。
参考:Data Crunching
Pragmaticの本は、原書で頑張って最後まで読んだ本は内容がまあまあのできで翻訳されず、これはって思った本は読み切るより早く翻訳される法則がある。前者がData CrunchingとBehind Closed Doors、後者はship itとインド人に仕事を取られるやつ。得しているのか?

会社の机が、Perlの本だらけになって「僕だけ遊んでいます」感が漂ってきた。

|

« Transaction-Level Modeling With SystemC その3 | Main | 親子 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/16590988

Listed below are links to weblogs that reference 今日の日記:

« Transaction-Level Modeling With SystemC その3 | Main | 親子 »