« 良い翻訳本 | Main | 4.3 Variations on a Scheme -- Nondeterministic Computing »

2007.09.12

C言語ラブ

shinhさんの所からいろいろ回る。

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50910559.html

のコメントから
> shi3zさんはverilogやVHDLを出さずに「論理回路」なんて表現を使っている点からして知識が浅い。
> それで大言壮語してるんだから、反論されてもしかたない。

HDL厨キターー。もっと煽れ。2chにマシン語厨とHDL厨が煽り合うスレが立つまで煽れ。スレが立ったら僕はそのスレで毎日煽り、煽られするよ。

もとはここか。こことは違うらしい。
マシン語を知らない子ども達

> 最低でも、論理回路だけで桁上がりをサポートした加算機を作れる程度の理解はしておいて欲しいと思います。
これは、マシン語とかそういうレベルでなくても簡単に理解できるし、それで理解できれば十分じゃないかと。
sum = a ^ b ^ cin;
cout = (a & b) | (a & cin) | (b & cin);
これの&とか| を絵で描いただけ。たんなる論理演算です。

むしろフリップフロップを使って4bitでいいからカウンター作って欲しい。
教科書的に言うと順序回路の方。これを作れば、CPUの動作周波数の概念も分かるし、パイプラインが必要な理由も分かる。
CPUのオーバークロックで何が起こるかもよく分かると思う。それ以上は興味持ったらどうぞ、の世界。
教科書はいうまでもなくCPUの創りかたが最適。

> マシン語はプログラミングの深淵であり、母であり、基礎です。すぐに理解できなくても、それを理
> しているのとしていないのとでは大きな差があると思います。
マシン語をLispに置き換えても違和感がないのがいい。結局心のよりどころか。

僕はCとPerlがラブです。(いきなり告白!)
Cはアセンブラとの合わせ技で小さいマイコンなら俺様デバッガくらいまで作れますが、Perlはサブルーチンを作った事がありません。変数に$が必要なC言語の方言だと思っています。
ラブな理由は一つで、仕事をしていてこのままでやばいって時にCとPerlはいつも僕を助けてくれました。CとPerlが無ければ、「やばい」から「駄目だ」になっていたことは間違いありません。RTOSの仕事をしていて通信物のライブラリを2種類使うことがあり、どちらも「この処理をしているときは割り込みは禁止にしてください」という混ぜたら危険状態を上手く乗り越えたのはCのおかげです。1万行近いOrCADネットリストから必要な情報だけをきっちり抜き出して、並び替え、なんとか出図が間に合ったのはPerlのおかげです。これはやばいって時に、VHDLやVerilogは何もしてくれませんでした。

組み込みの仕事をしていたときは、CPUをブートさせ、ICEをつなぎ、割り込みを入れ、メモリのテストを行い、コンパイラ、リンカの設定を終え、環境を構築するまでが仕事だと思っていました。各初期化が終わり、いわゆるmainへ処理が飛んでデバッガが普通に動けば、そこから先はC言語の世界だからなんとでもなるという信頼感がありました。ShiroさんやPaul Grahamは、それがLispなんだろうな。ShiroさんのLispラブは、Lisp:よくある正解にいっぱい、Perlラブは、僕やはてながPerlを選ぶ理由とか、どっちの文章も好きで何回もよんでます。Shinhさんは、コードが短くなるからバイナリ好きなんだ。なんという偏愛。

結局shi3zさんは、マシン語ラブなわけですよ。困ったときに386マシン語の知識が助けてくれた。それだけだと思う。R3000とかSH4が出てくるから、もともと組み込みに近いところで活躍していたのではないかと。組み込みエンジニアならマシン語うんぬんは100%正しい。「××が分からないと駄目」というのは、リアルで言われたら引くかもしれないけど、Web上ではどんどん言って欲しい。ある人が、どんなに言語ラブか、その言語で熱くなれるかってのはいっぱい知りたい。煽り、煽られでいいじゃない。ハッカーと画家なんかLispラブ以外の何物でもないし、そのLispへのラブでSICP読み始めた人間がここにいる。Lisp面白いよ、Lisp。

神様なんて信じない僕らのために
> だから、
> 好きな事を好きなだけやれば良いんじゃない?
結局これかな。

最後にこんなの見つけた!
オシロスコープを知らない子供たち
マルツでふいた。

トラ技はともかく、もう一回くらいファインマン読みたいな。

|

« 良い翻訳本 | Main | 4.3 Variations on a Scheme -- Nondeterministic Computing »

Comments

Posted by: hd video | 2015.06.21 at 03:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/16425264

Listed below are links to weblogs that reference C言語ラブ:

« 良い翻訳本 | Main | 4.3 Variations on a Scheme -- Nondeterministic Computing »