« 今日の日記 | Main | Performance Evaluation of Parallel Packet-processing Architectures Using SystemC-based Modeling and Refinement その2 »

2007.07.26

今日のwifehack

娘がいるお父さんは、ちょっとした空き時間にコーディングをしないといけない。最近気がついた便利なこと。

・USBメモリ or SDカードで、CVSのリポジトリを持ち歩く。
これで開発環境のあるPCがあれば、家でも、会社の休み時間でもいつでもコーディング。複数のPCにソースがばらける事で自然にバックアップになり、面倒なお父さんもこれで安心。前はUSBにソース一式入れて持ち運んでいたんだけど、USBを指すPCによってドライブレターが変わるから、微妙に面倒だった。CVSならそんなこともないから、らくらく。リポジトリをネットワーク上に置いても良いけど、新幹線の中や電波の届かないホテルで、プログラミングしたくなったとき困るでしょ?
話それるけど、自分のパソコンのバックアップとるのは面倒だけど、複数のPCでcvs updateするのは全然苦痛じゃない。むしろ、updateしない方が不安になる。本質は同じなんだけど不思議。

・boost/test/minimal の導入
日曜プログラマに取っては一週間くらいコーディングから離れることもある。もともと遊びだから、ちょっとWebで仕入れた小ネタを使ってみたい。そうすると、だんだん自分が何をやっているのか分からなくなる。ちゃんと作業履歴を書けば良いのだが、仕事みたいで嫌になってくる。そんなとき、UNITテストがあればかなり安心。
C++だとCppUnitとかあるみたいだけど、ドキュメント読んでも理解できず。そこでBoost::Test。さらに、minimal。
http://boost.cppll.jp/BDTJ_1_29/libs/test/doc/minimal.htmを見よう。個人のUnitテストとしては十分な機能がある。なんと言ってもヘッダーファイルをインクルードするだけ。まじ、お勧め。

そして、空いた時間で家事を手伝え!

|

« 今日の日記 | Main | Performance Evaluation of Parallel Packet-processing Architectures Using SystemC-based Modeling and Refinement その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/15907759

Listed below are links to weblogs that reference 今日のwifehack :

« 今日の日記 | Main | Performance Evaluation of Parallel Packet-processing Architectures Using SystemC-based Modeling and Refinement その2 »