« AVM30 | Main | syctemc_testsを動かそう »

2007.05.22

FreeBSDでSystemC 2.2をコンパイル

そのままではコンパイル通らない。
今までと同じようにtarget="linux"でだましても、../configureでMakefileを作ってくれない。confiug.logは、
## ----------- ##
## confdefs.h. ##
## ----------- ##

#define PACKAGE_BUGREPORT ""
#define PACKAGE_NAME ""
#define PACKAGE_STRING ""
#define PACKAGE_TARNAME ""
#define PACKAGE_VERSION ""
#endif
#ifdef __cplusplus
extern "C" void std::exit (int) throw (); using std::exit;

configure: exit 0

こんな感じで終わっていて、0返して正常終了していそう。

FreeBSDのPortsの様子を見ていると、FreeBSDでSystemCを使っていて、なおかインストール方法を公開しようという人間は世界で数名しかいないらしい。つまり、放置しておいていつの間にか動くようになる可能性は限りなく低い。しかたがないので、googleと格闘。

配布ファイルを展開したフォルダーにあるconfigure.inを修正。linuxと同じような感じで、FreeBSDを定義。

148行目に追加


*freebsd*)
case "$CXX_COMP" in
c++ | g++)
EXTRA_CXXFLAGS="-Wall"
DEBUG_CXXFLAGS="-g"
OPT_CXXFLAGS="-O3"
TARGET_ARCH="freebsd"
CC="$CXX"
CFLAGS="$EXTRA_CXXFLAGS $OPT_CXXFLAGS"
;;
*)
AC_MSG_ERROR("sorry...compiler not supported")
;;
esac
AS=as
QT_ARCH="iX86"
;;

configure.inがあるフォルダーでautoconfを実行。僕のマシンにはautoconf259が最新だったのでこんな感じ。
./autoconf259

cd objdirでobjdirに移動。gmake debugを実行すると、aclocal-1.6、autoconf、automake-1.6、autoheaderが無いと怒られるので、適当に、シンボリックリンクでごまかす。 (ln -s /usr/local/bin/automake19 ~/bin/automake-1.9 とか)
あとは、
gmake debug
gmake install
でOK。

|

« AVM30 | Main | syctemc_testsを動かそう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/15169602

Listed below are links to weblogs that reference FreeBSDでSystemC 2.2をコンパイル:

« AVM30 | Main | syctemc_testsを動かそう »