« SystemC Kernel Extensions for Heterogeneous System Modeling | Main | SystemCの書籍 2007年3月 »

2007.03.17

SystemC Kernel Extensions for Heterogeneous System Modeling その2

新幹線の移動と、待ち時間を利用して読み切りました。

SystemC Kernelに俺様スケジューラをくっつけてみようという内容。データの流れがあるモデリングそのものについて書かれた本。スタート地点がSystemCというだけで、C/C++のI/Fがあるシステム(RTOS等)でも同じようなことができそう。最初はアナデジとかを期待したのですが、全然そうではなく、デジタルシステムのスケジューラの俺様実装と、SystemC Kernelとの共存について書かれてある。どちらかというと、RTOSの実装に近いものがある。全然完成している気配が無く、ここまでやって時間切れでしたという感じ。

この本で価値を感じたのは3箇所。1つめが序文。モデリングに関する歴史や、現状について幅広く書かれている。HDLの延長くらいに、SystemCをとらえていた自分には大変おもしろく読めました。2つめは巻末にまとめられている、それらに関する文献情報。最後がApependixの、QuickThreadsの詳細。Processを作るときに、どういう事が行われているかを詳しく書いてある。ただ、Systemc 2.0.1なのでいまも同じなのかどうかは怪しい。

# 別の表現を使うと「本文以外の場所」になる :-)

SystemC自体にどうのこうのという内容ではないので、SystemCを勉強したい人は読まなくて良い。むしろ、アカデミックにモデリングとかに興味がある人にお勧め。つまらない本では無いですよ。

|

« SystemC Kernel Extensions for Heterogeneous System Modeling | Main | SystemCの書籍 2007年3月 »

Comments

> この本で価値を感じたのは3箇所。
ん ? 3 つ目は ?
毎度下んない突っ込みですんません。

Posted by: noboshemon | 2007.03.17 at 09:45 AM

>> noboshemonさん
わかりにくい文章ですいません。
(1)序文
(2)文献情報
(3)Apependix
です。

# (3)のApependixのような、Kernelの内部解析を砕けた文体で
# 解説するような本が書きたいなぁ。
# SystemCを256倍使う本とか、

Posted by: なつたん | 2007.03.19 at 09:45 PM

ああああ、すんません。
落ち着いて読めば自明なのでした。

> SystemCを256倍使う本とか

予約させていただきます。

Posted by: noboshemon | 2007.03.19 at 10:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/14286454

Listed below are links to weblogs that reference SystemC Kernel Extensions for Heterogeneous System Modeling その2:

« SystemC Kernel Extensions for Heterogeneous System Modeling | Main | SystemCの書籍 2007年3月 »