« 中国人 | Main | 今日の勉強 »

2007.02.12

The Design and Evolution of C++

The Design and Evolution of C++読みました。

なげーよ!

すごく面白くて、勉強になりました。
なにげにメンターがでてくるのがすごいな。
まあ、ジョークにもでてくるくらいだから、当時から有名だったのかも。

明らかにわかっている落とし穴にかんして、「これは悪い設計だ」とそのまま
にしたり、特定の機能にこだわったり、Stroustrupの男気が全開の本でした。
テンプレートの所は面白そうだったのだけど、自分の経験値不足で重要なのか
どうかわからなかった。もっと経験積んで戻ってこよう。
なんで最後の章はプリプロセッサなんだろう。最後にどうしても、「俺は
マクロは嫌いだ!」と言いたかったのだろうか。

Stroustrup といえば、ここのインタビューでも性格がでている。
「比較的最近の技術の習得のために三ヶ月あるとしたら、どれを学びますか?」
という質問にLinusはFPGAと応えているのに対し、Stroustrupは、
「重要なことで三ヶ月で学べるものはとても少ない。君は基礎がしっかりした
分野で経験を積むことを考えた方がいいのではないか?」とばっさり。

漢とかいておとこ。うほっ

|

« 中国人 | Main | 今日の勉強 »

Comments

> すごく面白くて、勉強になりました。

日本語で読みましたけど、
あちきでも飽きずに最後までいきました。

> なにげにメンターがでてくるのがすごいな。

ですな。
EDA 屋さんから達人が去っていかないように祈ります。

> 重要なことで三ヶ月で学べるものはとても少ない。

知らない言語で売り物になるコード書けるようになるには、
10 万行は試行錯誤しないとだめで、
それができる最低の時間は 18 month だと
大昔から信じていたりします。

Posted by: noboshemon | 2007.02.12 at 02:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/13879941

Listed below are links to weblogs that reference The Design and Evolution of C++:

« 中国人 | Main | 今日の勉強 »