« SystemCの書籍 2006年12月 後半 | Main | A SystemC Primer, Second Edition »

2007.01.04

年末年始の読書

年末年始にかけて、ちょっと濃いめの本を読みました。

SystemC関連では、SystemCプログラミングと、SystemC Primerを読む。
後者は当たり、前者はいまいち。

バイナリアンを目指して、Binary Hack Linkers & Loadersを読む。
どっちも面白い。ちなみにBinary Hackは、Linkers & Loadersを参考にしているところもあり、
あわせて読むと理解が深まる。

Binary Hackの内容は、既に知っていることが2割、勉強になった所が2割、全く理解できない
所が2割、後の4割はやっていることはわかるが使い道がさっぱりわからない。

Linkers & Loadersは随分前に買っていたのだがようやく読み切ることができた。
DLLとか、Shared Libraryとかだたくっつけるだけかと思ったら、もう一工夫が
あって面白かった。

国家の品格も読みました。いろいろと考えさせられる本でした。
この本を読んだから、年末頑張って勉強できた気がする。

紅白もお笑いも見ず、ひたすら家族サービスと読書に費やした年末年始でした。
去年は軟禁から始まり、C++/SystemCと手応えをつかんだ気がする。今年は
Lispを交えつつ、さらにSystemCに突っ込んで行こうと思う。

少しずつ自分のやりたいことの外堀が埋まっていっている気がする。

|

« SystemCの書籍 2006年12月 後半 | Main | A SystemC Primer, Second Edition »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/13328035

Listed below are links to weblogs that reference 年末年始の読書:

« SystemCの書籍 2006年12月 後半 | Main | A SystemC Primer, Second Edition »