« 本が来たよ! | Main | Systemc: Methodologies and Applications その1 »

2006.12.09

今日の読書

早く他の本が読みたいので、頑張ってObject Thinking読む。

Chpter5まできた。
Everything is an object! An object is anything capable of providing a limited
set of useful services. Metaphorically, an object is like a human agent or actor.

これはここまで一杯書いてあったから理解した。
従来のアルゴリズム+データ構造=プログラミングの考え方に対して、こう書いてある。
Because everything is an object, there is no data.

すごいな。Object Thinkingはオブ脳が雰囲気的に近いと思ったけど、オブ教の方が
近そうだ。

そして、微妙に面白いまま読んでいる自分がいる。

Altoの上で動くSmalltalkの画像発見。
僕が生まれる前なのに、すごいコンピュータだ。
http://video.google.com/videoplay?docid=-4365247885921962429

|

« 本が来たよ! | Main | Systemc: Methodologies and Applications その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/12998035

Listed below are links to weblogs that reference 今日の読書:

« 本が来たよ! | Main | Systemc: Methodologies and Applications その1 »