« SystemCを使ったハードウェア設計 その3 | Main | System Design With Systemc »

2006.12.02

コンピュータグラフィックス 理論と実践

コンピュータグラフィックス 理論と実践 読みました。

なんだかんだいって、読み切るのに4年くらいかかりました。
前半はけっこう基本的な事もあって面白いのですが、後半になると「これに関しては
最新の技術書読んだ方が良い」と確信するような事ばっかりで、あまり集中して読む
モチベーションが上がりませんでした。

要所要所に面白いアイデア、(揺らぎを使ったサンプリングとか、IRISのアーキテクチャ
とか)が出てくるのですが、無理して読まなくても良いかな~って気がします。

最初の方を除けばそれほど体系だってはいないので面白そうな所だけ読むのもよし。
読書後の満足感は微妙。ぶっちゃけ仕事で役に立つのはごく一部。

次はminix本パタヘネを原書で読んでみたい気もする。高速化ハードについては、
Digital Techniques for High-Speed Designとか、High-Speed Signal Propagationとか
あるんだけど、そっちの方には行きたくない自分がいる。
garbage collectionとか、Compilersとかはとりあえず買ったけど手が出せそうにない。

Virtual Machinesとか悪魔本くらいが、ちょうどよさげ。

|

« SystemCを使ったハードウェア設計 その3 | Main | System Design With Systemc »

Comments

Posted by: free background check dayton ohio | 2015.10.01 at 07:54 PM

10 for getting these cost-free trials.

Posted by: free credit report equifax usa | 2015.10.22 at 02:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/12901833

Listed below are links to weblogs that reference コンピュータグラフィックス 理論と実践:

« SystemCを使ったハードウェア設計 その3 | Main | System Design With Systemc »