« loop loop loop | Main | コンピュータグラフィックス 理論と実践 »

2006.11.28

SystemCを使ったハードウェア設計 その3

SystemCを使ったハードウェア設計勉強中

sc_traceの件は引数が間違っていた。(オブジェクトの参照が値渡しになっていた)
無事解決。sc_stringをごちょごちょしていたときに変更したみたい。
参照渡しだとOKで、値渡しだとcoreを吐く理由がいまいち良くわからないが、sc_module
内の仮想関数周りかもしれない。

後半に入ると、合成の話に結構ページが割かれていて面白い。筆者がフォルテの中の
人だからCynthesizerの話だと思うが、頑張って理解すれば有る程度予想した合成
結果を得られる。カタパルトも、入出力の部分が違うがループの展開とかパイプライン
の生成とかはよく似た感じだ。

あとはFIRのサンプルをうちこんでみよう。

|

« loop loop loop | Main | コンピュータグラフィックス 理論と実践 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/12853120

Listed below are links to weblogs that reference SystemCを使ったハードウェア設計 その3:

« loop loop loop | Main | コンピュータグラフィックス 理論と実践 »