« CygwinでSystemC | Main | SystemCのParameterize »

2006.11.24

System Design With Systemc勉強中

System Design With Systemc、4章まで読んだ。

Systemc: from the Ground Upと比べても、密度が濃く面白い。

以下メモ
p17 SystemCのinterfacesは、sc_interfaceを継承する。
ソースを見ていると、constructorはprotected、destructorは
virtual functionで定義。

virtual void register_port( sc_port_base& port_,
const char* if_typename_ );
virtual const sc_event& default_event() const;
後は、仮想関数としてこの2つが定義されている。
portが接続されるときに、register_port()が呼び出される。


p19 sc_portでは インターフェイスを返す演算子として、->()が
オーバーロードされている。インターフェイスの部分はC++のtemplateを使用。

p32 Event Findersがよくわからないから後で戻って読もう。

p52 RTL Medelはsc_in, sc_out, sc_inoutのみをportとして使う。

p72 ! logical notと ~ bitwise notの違いに注意

p75 Fixed point Parameters and Contextsもよくわからないので後回し

p78 以降のサンプルは一度打ち込んで動かそう。

|

« CygwinでSystemC | Main | SystemCのParameterize »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/12809009

Listed below are links to weblogs that reference System Design With Systemc勉強中:

« CygwinでSystemC | Main | SystemCのParameterize »