« 読書読書読書 | Main | OS自作入門 4日目 »

2006.09.19

SystemCの書籍

偉そうなタイトルを付けるとグーグルで上の方に行くんだよなぁ。
間違って飛んでくる人もいると思うけど、現段階(2006/9/19)では、ほとんど読んでいません。すいません。


(1)Advanced Verification Techniques: A Systemc Based Approach For Successful Tapeout

(2)Transaction Level Modeling With SystemC: TLM Concepts And Applications for Embedded Systems

(3)Systemc: from the Ground Up
邦訳は基礎から学ぶSystemC

(4)System Design With Systemc
邦訳はSystemCによるシステム設計

(5)SystemC Kernel Extensions for Heterogeneous System Modeling: A Framework for Multi-MoC Modeling & Simulation

(6)Advanced Verification Methodology Cookbook

(7)よくわかる SystemCによるシステムデザイン入門

(8)C/C++によるVLSI設計―SystemCによるJPEGコーデック設計

(9)Systemc: Methodologies and Applications

(10)A SystemC Primer

(1)から(7)までは、今机の上にそろってます。

(7)だけはざっと目を通している。
SystemCの事よく分かっていないのですが、分かっている振りをしてプレゼンするのに使いました。
プレゼンを聞いてくださった方、どうもすいません。一冊を斜め読みしかしていませんでした。
(1年以上前だし、時効にしてください)

(6)はメンターからもらった本。Webで同じ内容がダウンロードできます。
SystemCに限った話じゃないけど、おもしろそうなのでリストアップ。

これに、systemc.orgからダウンロードできるPDFが2つ(SystemC_2_1_features.pdfとFuncSpec20.pdf)。

(8)は家に帰ったらある気がする。

(9),(10)はまだかっていない事に気がついたので、(10)は早速アマゾンで注文。

(10)は、http://www.ebooks.com/ebooks/book_display.asp?IID=236586#buyで買えるので、どちらが
良いのか悩み中。パソコンで見る方が良いのか、本の方がよいのか。値段よりもそっち。
PDFで読み切ったちゃんとした本って、Data Crunchingくらいだし・・・・。

で、どの本を読むかというのは、あまり問題にならない。
全部読みたいから、問題はどの順番で読むか、だ。

(1)(2)(5)(8)は最初の一歩とは違う気がする。(9)、(10)は未入手だし、(6)はちょっと違うからはず
して、選択肢は、(3),(4),(7)の4つ。

番号順で(3)からに決めた。

(7)も今見たらおもしろそうな事書いてあるからちゃんと読まないと、このままだと
「インストールについて詳しく書かれた本、Untimedとかキーワードを拾うのに便利」
みたいな、かわいそうなレビューになってしまう。

せっかく本を作っている人がいるので、頑張って読もう、そうしよう。

|

« 読書読書読書 | Main | OS自作入門 4日目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/11958305

Listed below are links to weblogs that reference SystemCの書籍:

« 読書読書読書 | Main | OS自作入門 4日目 »