« 知っておきたかったこと | Main | 読書読書読書 »

2006.09.19

今日の読書++

C++ 入門書の次に読む本
読みました。
auto_ptrとか、今まで読んだ本に無い概念にぶつかる。というか、C++の本はとりあえず、
5冊くらい読まないと、全貌が見えない。継承に関する考え方(実装方法)も作者によって
違うだろうし、いろんな目でいろんな機能を見ないと行けない。等、考えてしまった。


LHAとZIP
ちょっと読んで断念。
この本に期待していたことは、C++のいろんな機能を実際のアプリでどのように
実装するのか、なのですがあまりそちらの説明は少ない。
圧縮に関しては、bit操作がメインなので、C likeな書き方になるのはしょうがない
けど、ちょっと求めている物と違うのを感じて勉強中止。
ざっと、コラムっぽい所だけ読ませてもらって、アルゴリズムの解説は飛ばしました。

思い出したのは「データ圧縮ハンドブック」という本。フロッピー付きで、いろんな
アルゴリズムをCソースでどのように実装するかを詳しく書いてあった。
買って勉強したのは覚えているんだけど、本自体がどこに行ったか忘れた。実家帰ったら
探そう。


Insight c++ object model
内部の実装を調べるのに便利そうな本だけど、調べてみると邦訳も含めて入手困難らしい。
ふと、本棚を見たら既に買ってあったのでぱらぱらと立ち読み。
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
これは良い。
この手の本は手を動かさないといけないので時間がかかる。
しかし、僕のやりたいことを実現するためには、必須の知識なので読んでみよう。

|

« 知っておきたかったこと | Main | 読書読書読書 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/11958295

Listed below are links to weblogs that reference 今日の読書++:

« 知っておきたかったこと | Main | 読書読書読書 »