« メモリテストその他 | Main | 今日の読書 »

2006.09.02

今日の勉強


理系たまごの英語40日間トレーニングキット9日目終了 Σの読み上げが難しい。Y sub i は Yiの事。(添え字)
そういえば、HTMLで数式を定義するのってどうなったんだろう。
Latexみたに書けば、ブラウザが正しく数式を表示するみたいな規格を作ろうって動きがあったんだけど。


26 hour day
module 7 終了:モチベーションコントロールについて。
できる!という強い意志が重要。まさに愛と勇気。そして、健康。
本全体の半分は超えた。

High Performance Memory Testingから。
Appendixまで目を通す。
こっちは考察少なめで、パターンの羅列。

これにて、High Performance Memory Testingの勉強終了
これだけに18000円はさすがに高い気がする(DS lite買える)が、確実に自分の物になったので
OKとしよう。


Accelerated C++
13章突破:Handle Classという概念を勉強。
14章は斜め読み、パフォーマンスアップの為の知識はもう少し後。
テンプレート特化(template specializetion)とか、なんでもありだと思った。
15章も読むだけ。
分かった事はClass設計がトップダウンであること。ベースの型、ユーザーに開放するインターフェイス等、
最初に決めることは多い。C++については、継承して、継承して、みたいなボトムアップなイメージが
強かったので勉強になった。

16章:カーネギーホールのジョークに笑う。

というわけで、Accelerated C++
---------------------------- 終了 -----------------------------------

ついでに「とある魔術の禁書目録」2巻読みました。

この人は、全体のプロットとか、キャラとか良いと思うのに、細かいところが
全然駄目だと思う。もったいない。途中はぐだぐだだけど、最後の方の各登場人物の
エロゲ的立場はおもしろかった。そうきたか、と。

|

« メモリテストその他 | Main | 今日の読書 »

Comments

クラス設計はボトムアップ?トップダウン?ってどっかで見たなと思ったらあんまん本114pにちょっと書いてあった

Posted by: あん | 2006.09.03 at 07:24 AM

あんまん本、読んでいます。情報ありがとうございます。

最初に使い方を決めるという意味では、私が思っているトップダウンのアプローチでした。その後、機能増加によるクラスの再分析という点では、トップダウンでもボトムアップでもないですね。

なかなか奥が深くておもしろい。

Posted by: なつたん | 2006.09.07 at 01:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/11729093

Listed below are links to weblogs that reference 今日の勉強:

« メモリテストその他 | Main | 今日の読書 »