« 今日の日記 | Main | イーセック »

2006.07.03

イノベーションのジレンマ

軟禁中にここを読んで、さらにここを読んでこの本を知る。

家に帰ったら、本棚にたまたま原書があったので読み始めてみる。いつ買ったか
わからないけど、これもまた運命と思って読む。

1/5程読んだところ。なかなかおもしろい。

先に上のブログを見ることを推奨。

原書を読む前に上のブログだけ読んで思ったこと。
FPGAのプロトタイピングというのは、Disruptive Technological
Changeをねらっていたと思ったら、

実は、Sustaing Tecnologyだったという落ち

安くて、速いが売りだったプロトタイピングも、実はそんなに
安くない。顧客のニーズ(ゲート規模)とFPGAの大容量化が
進むにつれ、FPGAの価格が1個100万を超えることは珍し
くない。100万を超えるFPGAが1枚のボードに数個乗って
おり、それがボードの枚数だけ必要になる。

FPGAが3つのボードを5枚手配したら、それだけで、3×5×100万で
1500万。「原価」で1500万を超えてしまう。これに、ハードベンダー
の取り分とFPGAにマッピングするための工数を足していくと、
あっというまに数1000万の仕事になってしまう。

結局RTLをRTLとして動かそうとしている点が、Innovationを
起こしていないのだと思う。この場合ゲート規模や検証の
規模に比例した形でコストがかかってくる。となると今本当に
ユーザーが求めているのは、より上位レベルでの検証手法だ。

こんなことは、素人の僕が分析しなくても、ケイデンスなり、
シノプシスは百も承知の事実だ。

今の段階ではSystemCが一番近いと思うが、どうなるかはわからない。
ただ、その変化の中にエンジニアとして改革に参加していることを
幸せに思おう。

|

« 今日の日記 | Main | イーセック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/10776297

Listed below are links to weblogs that reference イノベーションのジレンマ:

« 今日の日記 | Main | イーセック »