« LX復活メモ | Main | メモリテストその1 (Zero-One Pattern) »

2006.06.29

Veritakがすごいことに

いつのまにか、PLIをサポートしている。これは試さなくては。

チュートリアルより
> なお、前のVersionのPLIは、保守扱いになっているので、これから、外部プロ> グラムを書かれる場合は、VPIをお勧めします。
了解。

サポートコンパイラがVC++のみなのが、個人のエンジニアには
辛いところ。
ModelsimでPLIやったときは、gccを使ったような気がしたけど、
どっちだっただろう。できたらgccサポートにして欲しいなと
思う今日この頃。

正直これを実装するのって大変だと思う。使う側からすれば、
あるタイミングで、DLL呼べればそれで良いんだけど、実装する
側はそれだけじゃ駄目だし。

時間を作って、動かしてみよう。

やりたいことが多すぎる。

|

« LX復活メモ | Main | メモリテストその1 (Zero-One Pattern) »

Comments

なつたんさん、おかえりなさい。お懐かしい。また笑えるネタを期待しています。
>GCC
いつのまにかVisualC++、C#共に無償で使えるようになっていますので、どうぞそちらをご利用ください。

>正直これを実装するのって大変だと思う
はい。SPEC.の解釈も難しいです。解釈の議論も過去あったようですし..MXEを見ながらやっています。今は、VPIだけですが、そのうち古いのも実装したいと思います。

Posted by: たっく | 2006.07.06 at 05:15 PM

たっくさん。

コメントありがとうございます。
ドキュメントを読むと、いろいろと苦労があったようですが、
時間を作って試してみます。

Posted by: なつたん | 2006.07.17 at 09:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/10719995

Listed below are links to weblogs that reference Veritakがすごいことに:

« LX復活メモ | Main | メモリテストその1 (Zero-One Pattern) »