« May 2006 | Main | July 2006 »

2006.06.29

ゆうゆ

ハルヒやら柳沢などで、youtubeをさまよっていたら、
ゆうゆの動画を発見!

http://www.youtube.com/watch?v=6RcebBRTzns&mode=related&search=%E3%82%86%E3%81%86%E3%82%86

http://www.youtube.com/watch?v=6RcebBRTzns&mode=related&search=%E3%82%86%E3%81%86%E3%82%86

動画を見た刹那、電撃走る。ざわざわ

キタコレ!

無茶可愛い。ストライクゾーンどまんなか。
というより、今までゆうゆをめがけて素振りしていたようなもの。
懐かしいゆうゆの歌声で、元気100倍。

早速アマゾンで、ゆうゆのCD注文しましたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メモリテスト3 歩いて、行進して、駆け抜けろ!

そういうわけで、いろいろとテストのパターンがあり、それぞれ
walking, marching, gallopingと呼ばれる。

まずは1bit幅のデータで。

(1)walkingでは0クリアーの後、
R0、W1、R1、W0 (このパターンを全アドレスに)

(2)marchingでは、0クリアーの後
R0、W1、R1 (このパターンを全アドレスに)
walkingとの違いは、最後に0を書き込まないこと。これにより
テストが進行するに従って、1でデータが埋め尽くされていく。

(3)gallopingは、詳しく書いていないけどメモリの構成(ROWと
 COLUMN)に注目するパターンらしい。
 
今日はここまで

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メモリテストその2 (Exhaustive test pattern)

可能性のあるアドレスとデータの全組み合わせのテスト。
データ8bit、アドレス10bitだと、2^(8+10)のパターンを
使う。
実際には、あるアドレスにある値を書いた後、他のアドレスの
値が変わっていないことを確認するために、全領域の読み出し
が必要

必要な時間は 3N2^N

簡単なパターンでは誤りが素通りし、完全を求めると非現実
的になる。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

メモリテストその1 (Zero-One Pattern)

いろいろとあったので、High Performance Memory Testingを買って勉強中。

chapter 9にメモリの試験のパターンがのっている。

最初はZero-oneパターン

W0 (all address)
R0 (all address)
W1 (all address)
R1 (all address)

ようするに、全アドレスに対して0クリアーして読み出し、次に
1を書き込んで読み出し。
試験に必要な時間は4N(それぞれのアドレスが4回アクセスされる。)
データ出力の0固定、1固定といったエラーは100%検出できる。

上位のアドレス線が死んでいる場合や、リードとライトでデータが
ひっくり返るようなエラーは検出できない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Veritakがすごいことに

いつのまにか、PLIをサポートしている。これは試さなくては。

チュートリアルより
> なお、前のVersionのPLIは、保守扱いになっているので、これから、外部プロ> グラムを書かれる場合は、VPIをお勧めします。
了解。

サポートコンパイラがVC++のみなのが、個人のエンジニアには
辛いところ。
ModelsimでPLIやったときは、gccを使ったような気がしたけど、
どっちだっただろう。できたらgccサポートにして欲しいなと
思う今日この頃。

正直これを実装するのって大変だと思う。使う側からすれば、
あるタイミングで、DLL呼べればそれで良いんだけど、実装する
側はそれだけじゃ駄目だし。

時間を作って、動かしてみよう。

やりたいことが多すぎる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

LX復活メモ

HP200LXの復旧のメモ。正直autoexec.batの中身なんて何が何だか
さっぱりわからない。

まずは大容量のCFは認識しないので古いCFを使ってブート

a:jkit\EMSINSTを実行してEMSファイルを作る
a:\fontのコピー
ACECARD3.COM のコピー

ここからコピペ
http://hp200lx.ne86.jp/diary.cgi?year=2005&month=4

1) {More}キーを押して、アプリケーションマネージャを立ちあげます。
2) F7(Order) キーを用いて Filer を一番左上(リストの最初)に持ってきます。
3) アプリケーションマネージャを閉じます。
4) DOSを立ちあげます(Ctrl+123)。 そして、以下のコマンドを打ちます:

  debug c:\_dat\appmgr.dat
  e 10a 01
  w
  q
これをして、Filerをメモリの外に


config.sys

buffers=10
files=20
lastdrive=j

device=a:\clkup\clkup31m.sys
DEVICE=A:\ACECARD3.COM /SDP

rem add by O.S.W
device=A:\jkit\lxjex.sys
device=A:\jkit\lxemm.exe
device=A:\jkit\lxfont.exe
device=A:\jkit\lxdspd.exe
device=A:\jkit\lxansi.exe

rem use only FULL SET
rem devicehigh=A:\wx2\wxk.sys /a1
rem devicehigh=A:\wx2\wx2.sys /a1 /dA:\wx2s.dic

device=A:\ATOK8\ATOK8A2.SYS /UCF=A:\ATOK8\ATOK8.UCF
device=A:\ATOK8\ATOK8B.SYS
device=a:\atok8\atok8ex.sys


autoexec.bat
@echo off
Rem
Rem To customize DOS startup files, copy config.sys and
Rem autoexec.bat from the D drive to the C drive and
Rem edit the C drive versions to meet your needs.
Rem

Rem
Rem Set prompt, path, and select C drive.
Rem
prompt $p$g
path c:\;d:\;d:\bin;d:\dos
REM path A:\mifes;A:\wx2;%path%
path A:\jkit;A:\VZ;A:\BIN;%path%;

c:

Rem
Rem Following assign enables referencing the plug-in card as
Rem drive E (in addition to A). Using E allows some programs
Rem to run which refuse to run from a drive that is normally
Rem associated with a floppy drive.
Rem
assign e:=a:

Rem
Rem Load the Card Installation Client TSR to provide support
Rem for PCMCIA modem cards. If these cards will not be used,
Rem prefacing with Rem will save system RAM.
Rem
rem d:\bin\cic100 /gen 1

Rem
Rem Load the first LapLink Remote Access TSR as required by the
Rem Server application. If the Server will not be used,
Rem prefacing with Rem will save system RAM.
Rem
lxdspd -us
call d:\bin\llras
lxdspd -jp


Rem
Rem Following 200 command starts the System Manager which
Rem provides access to the built-in applications.
Rem
rem lxvm
a:
cd bin
exkey -fa:\bin\exkey.ini
cd ..
c:
Rem EXPSETUP by o.s.w
set path=A:\exppkt;a:\tc;%path%
sm
rem a:\jkit\paw200n.com
set temp=a:\temp
set tmp=a:\temp

次LX飛んだときは日本語化あきらめよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラノベ

いろいろあった軟禁生活ですが、ちょこちょことライトノベル
を読んでました。

前半は狂乱家族日記、後半はハルヒでしたが、どちらも世界観
というか設定がかぶっている作品で、それなりに楽しく読みま
した。

家族の話でほろっとしたい人は狂乱家族日記を、将来プルグラマ
になりたい人にはハルヒをお勧め。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.26

修理修理修理

僕が家を離れている間に、各パソコンの調子が悪く
なっていました。
レッツノート:HDDから異音がして死亡確認。Panaクリニックへ
ムラマサ:電源部分死亡。パーフェクトワランティで対応
HP200LX:データ吹っ飛び

というわけで、一番健康なのが全然設定をしていない
FIVA103。

というわけで、まだまだメールの返事がだせません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の日記

朝から、いろいろと手続きがあって三菱東京UFJに行く。
昨日電話したのだが、手続きをさんざん聞かされた後
口座番号の確認をしてもらったら、今の説明は旧UFJ用
と言われる。その後、旧東京三菱の人はと、全く違う
説明をうける。

なんか看板のマークが違うらしいので、支店に行くとき
は間違えないように、ってどこのUFJに行ってもOKにし
てほしい。

んで、昔の印鑑を無くしたので、印鑑登録をやりなおして
別の印鑑を持っていたのだが「これでもほとんど同じ
ですけどね~」とか言われる。
印鑑のセキュリティってこんなもんなんだなぁと唖然と
する。僕でも違いを指摘できるのに、なんか大きさと
雰囲気が合っていたら、お金おろせるんだと思った。

その後は、ソフマップへ行き壊れたデジカメの修理。
パーフェクトワランティ万歳。

生きているって幸せ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

復活

いろいろありましたが、ようやく日常が戻ってきました。

冷凍ミカンと、ハルヒは僕の思っているよりも全然ブーム
ではなく、スプーは乗り遅れ、実写版まるちゃんはどう
なった等、全く世の中の動きについて行けません。

笑点は、歌丸師匠が大往生のため過去の映像を流している
ようですが、全く違和感がありません。

ブログもぼちぼち更新

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.19

脱出

   ノノノノ  -___
  (゚∈゚*)  ─_____ ______ ̄
  丿\ノ⌒\  ____ ___
 彡/\ /ヽミ __ ___
    ./∨\ノ\  =_
   .//.\/ヽミ ≡=-
  ミ丿 -__ ̄___________

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »