« ドアドア | Main | The Pragmatic Programmer: From Journeyman to Master »

2006.02.08

父親教室と電源の立ち上がり

市が主催している父親教室に行ってきました。
勉強になりましたが、講師の方がTVとゲームが大嫌い
なようでした。
「森教授の研究成果によると、ゲームをしている間は
脳が全く働いていない・・・・」とか始まると、

ゲーム脳 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

と一人盛り上がっていました。僕の中で、よく調べずに
ゲーム脳を信じる大人は、全員ゲーム脳に犯されています。

「TVのように、スイッチを押すとパッと状況が変わる
ような物は子供の成長に良くない」とある意味、僕の
仕事を全否定。しょぼーん。

次からは、成長過程の子供に優しく、電源入れたら
じわじわと立ち上がる優しいシステム作りをしようと
思いました。

あっ、でも、電源を投入すると、各電圧の立ち上がりや
CLKの安定、リセットシーケンス、CPUブートなどが
目で確認できるような基板があると、新人教育にいいかも。

そんな事より一番ショックだったのは、自分が市内で
一番優しいお父さんだと思っていたが、他のお父さんも
優しいお父さんばっかりだったこと。

|

« ドアドア | Main | The Pragmatic Programmer: From Journeyman to Master »

Comments

いわゆる親ばかですね。
自分も、以前、同様の考えでした。

Posted by: YRD2号 | 2006.02.13 at 10:38 AM

素敵ですね。親ばか。
自分も、自分のパートナーも
もし親になるならそうなりたいですね。
(当面、予定はありませんが w)

Posted by: KRD1号 | 2006.02.17 at 11:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/8560817

Listed below are links to weblogs that reference 父親教室と電源の立ち上がり:

« ドアドア | Main | The Pragmatic Programmer: From Journeyman to Master »