« 技術書置き場 | Main | 缶詰 »

2006.02.25

今日の読書

電波男読みました。

文系から見たオタクっぽい話でしょうか。なかなか新鮮な
切り口でそこそこ楽しめました。もともと、こういう自虐的な
オタク向け本って、プログラマー向けの書籍でしか見たこと
なかったので、ああこういう考え方もあるのか と思ったり
あーだこーだ考えたりしました。(萌えの基本は手塚治虫とか)
いろんな漫画が出てくるので、漫画好きの人にお勧め。
どーでもいいけど、日出処の天子はもう一回読みたい。

なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか? 読みました。
なかなか微妙な話題。
しかし、いくつか読んだコーチングの本の中では、もっとも実践的で
心に響く本だった。「できる人」と「できない人」の2極化がなぜおきる
のかを丁寧に説明している。

ハードができるエンジニアを育てることは難しい、ソフトに比べると
失敗の取り返しがつかない事が多い。自分は最初のハードの設計が
1999年にもかかわらずISAボードの設計だった。十分枯れていたにもかか
わらず、いっぱい失敗した。そこから学んだことは多い。
今、うちの会社の仕事は1500ピンクラスのFPGAをいくつも使う。
経営的に失敗は許されない。失敗→リカバリの体験をどこでさせるのか、
そこが問題だと思う。言い方を変えるとEASYに感じる仕事はどんどん若い人に。
失敗してもなんとかなりそうな仕事を無理矢理取ってくることも、
組織としては大事なんだと思う。

p56より「ます、自分がいちばん仕事をしているという実感。これが
あったら要注意です」。忘れちゃ行けない言葉。自分(もしくは誰か)
に負荷が集中していると思ったら、分散させる努力をしよう。最初から
いつでも分散できるように、プロジェクトを進めよう。理想は、ペアプロ。

XPの本もよまなきゃなぁ


ファウスト Side-A 読みました
子荻たん、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
「正々堂々手段を選ばず真っ向から不意討ってご覧に入れましょう」

|

« 技術書置き場 | Main | 缶詰 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/8832989

Listed below are links to weblogs that reference 今日の読書:

« 技術書置き場 | Main | 缶詰 »