« August 2005 | Main | October 2005 »

2005.09.23

今日の日記

世界で一番可愛いと思っていた娘が、実は日本で一番可愛いくらいかもしれないと
不安になってきた。そして、携帯のボタンをさわったり、天才だと思っていたけど、
他の赤ちゃんもそうだと解った今日この頃。
秋の夕暮れ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Virtex4

だいぶん、時間が経ちましたが、Virtex4の技術トレーニング受けてきました。
FPGAもどんどん複雑になってきて、おもしろいと言えばおもしろいし、そろそろ
自分のエンジニアとしての限界も見えてきた気がするセミナーでした。
なにはともあれ、FPGAの進化の過程をリアルタイムで体験できていることには
素直に感謝したいと思います。

どーでもいい話なのですが、新しく入ってきた人のセンスを見るために、僕は
一つの質問をします。

FPGAでロジックを組む場合、次の回路で一番早いのはどれですか?次はどれですか?
と聞きながら、ホワイトボードに
a nor bとか、(a and !b and c) or (a and b and d)とか、a xor b xor c xor d xor
みたいに、4入力の論理を沢山書いていきます。

さっぱり分からない人もいれば、xorは遅くて、nandは速いとか答える人もいます。
FPGAやっていれば分かるのですが、LUTのアーキテクチャである以上、4入力1出力に
入っていれば、論理の複雑さとは関係なく遅延は一定です。
で、この説明をして、理解できる人もいれば、理解できない人もいて、その辺り
でFPGAの理解度や、エンジニアとしてのセンスを見てみたりしてました。

で、困ったのが、Virtex4って、2入力1出力だけLUTの速度が速いんですよ。さらに
Stratix2に至っては、LUTを7入力1出力くらいまで拡大できるので、上の理屈が
通じないんですね。

個人的にお気に入りの確認方法だったため、次の試験を考えようと思う今日この頃。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の読書

エンジニアに告ぐ逆襲せよ!―なぜ、あなたの企画は通らないのか?

読みました。
元エンジニアの方が、エンジニアの視線と経営者の視線の違いから、マーケティングに
ついてわかりやすく書いた本です。自分のしたいことと、会社でしていることにギャップを感じる人にお勧め。
マーケティングの本としても、最初の一歩として、しっかりまとまっていると思います。というのも、
今一緒に仕事をしている人の中に、会社を立ち上げた方が何人かいるのですが、その人達と
言っていることが非常に似ています。
難しい言葉を使うわけでなく、当たり前だけど大事なことを丁寧に説明してあって非常に好感が持てました。


落とし所に落とすプロの力―情報システム コンサルティング営業
こちらも読みましたが、対照的にカタカナ用語が多く、内容には同意する点が多いです
が、なかなか僕の心まで届きませんでした。残念

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »