« April 2005 | Main | June 2005 »

2005.05.21

会社からのプレッシャー

あまり、会社の事はかかないようにしているのですが、海外出張について。

今、私の部署には英語がペラペラな人間が2人います。2人とも海外でかなり
長期にわたって仕事をしたことがあり、日常生活から、技術的な話まで
問題なくこなせる人たちです。

で、今回予算の関係もあり、部署内から2人しか海外にいくことができません。
このときに、英語ができる人間2人ではなく、英語ができる人間+私が
選ばれてしまいました。この一回だけの出張を考えれば、英語ができる人間
2人か、英語ができる人間+私の上司が行くべき状況でした。

特に何か言われた訳ではないのですが、多分長いスパンで見て、経験を
積ましてくれているんだと思います。何とか、その期待には応えたいと思う
今日この頃でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の英会話教室

なんとか、2回行ってきました。48回で約30万なので、一回6200円くらい。
1レッスン50分なので、7500円/h!
Verlogできるエンジニアでも、客先に提示するときは3500円~5000円の範囲。
そこから、受注先が幾分抜いて、派遣会社の人がさらに抜いて、エンジニアは
ひもじい生活を強いられている。英会話教室って儲かるんだなぁと思った。
とはいえ、英会話学校の先生も、そんなにお金持ちには見えなかった。
7500円/hから半分以上もっていかれるんだろうな~。

こんな生々しい話をするのは、モチベーションを高めるため。僕が一時間で
かせぐよりも大きな額を英会話教室に払っている事を忘れちゃ駄目だ。
Webの日記に時々みられる遊びに行く感覚じゃ、絶対に元が取れない。
英会話教室行く直前の時間は、「(お金は自分で払っているけど)仕事として
行く」と強く心に念じています。

といやな話をしながらも、2回のレッスンは非常に満足しています。
ここにも少し書きましたが、今自分に必要なのはoutputの場所。
それも垂れ流しのoutputではなく、間違っていたら直してくれる場所。
実際、全然しゃべれない自分がいるわけで。
半年でテキストが一周して、文法が一通り習えるので、そのあたりもまさに
自分が求めていた物だと思う。

あとは、予習、復習の時間がもっとほしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.13

出張へいく

水曜日は、朝から始発の電車にのって博多へ行く。京都駅からののぞみが
無いので、はるかで山科から新大阪まで行って、新大阪から新幹線。
一仕事終えた後、博多から羽田へ飛び東京でもう一仕事。
木曜日は、中央線で八王子近くまで繰り出し一仕事、そのまま新横経由で
京都に戻り一仕事。死ねる。

そんなハードスケジュールでも、英語のリスニングを強化しようと思って
MP3プレイヤーに英会話と、ダイアログ1800から最初の1章を切り取って
持って行きました。

新幹線の中で少し聞いて、博多の駅で再びリスニングしようとして気がつく。
「なんで、僕は駅とか空港のシチュエーションのテキストを持ってこないんだ!」
ちなみに、聞いている会話は、女性2人ですしを作って、今日はナイスガイ
が来るからうほうほだぜー、みたいな会話。

駅にいるんだから、駅の会話を持ってくれば良かった。まさに絶句。
英語で言うと、I found no words to say!

気がついたことは、参考書を最初からする必要ないな。時間限られているから
「こういう会話ができるようになりたい」っていうシーンを重点的に勉強すれば
良かった。

とはいえ、手持ちのテキストがこれしかないので、これだけ勉強。
帰りの電車の中では、会話を聞きながらWordに聞き取った英文を入力していく。
で、びっくり。

最近のワードってスペルだけじゃなく、文法のチェックもしてくれるんだ。
恐るべしイルカ。
そして、夢中で打ち込んでいたら、鼻血がでてきたので勉強中止。
英語で言うと I had a nosebleed.

コメントをいただいて、少しは前向きに勉強しています。はい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.08

英会話教室

最近もずいぶんと忙しいですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

海外出張も決まったので、英会話教室の無料診断に行ってきました。
ジオスとECCへ行ってきたのですが、Readingはそこそこよくて、Speaknig
が絶望的にダメなことが分かりました。

無料診断を受ける前は、いくき満々だった英会話教室のモチベーションが
かなり下がってしまいました。お金の問題もあるのですが、やはり時間の
問題が大きいです。今でも、5時起きの7時出社、9時くらいまで仕事の
日々があるのに、これに英会話を入れられるかどうか。さらにビジネスコース
は課題が多く、レッスンは全部英語なのでそうとう力を入れないといけない。
娘と遊びたい年頃なのに、そこまで英語の勉強に時間が割けるだろうか。
自分の時間を増やすことは、育児をしている嫁の負担に直結する。休みは
家族と接する時間を優先するべきではないか。買っただけで読む時間の無い
本が山ほどあるのに、果たして英会話だけがきちんと続けられるのか。
むしろ、英会話よりデジタル回路やビジネスの勉強の方が大事ではないか。

そんなことを考えながら、明日の10時頃には返事をしないといけない。
コースが5月15日からなので、今申し込まないと次のコースは9月からに
なってしまう。

とはいえ、無理して勉強するというのも時には大事だ。

社会人なったとき、頑張ってコードコンプリートやコンピュータの構成と設計
を最初から最後まで読んだ。会社を辞めると決めたときはまとまった時間が
あったので、MINIXの本を最初から最後まで読んだ。それぞれ、しんどかったけ
ど、その時頑張ったことがいまの自分の血となり肉となっている。
今、踏ん張って3ヶ月でもビジネス英会話の勉強をすることは、自分にとって
プラスになることは間違いない。自分が作った製品を自分の英語で説明したい。
自分が作った製品の売り込みを自分の英語でしたい。

悩みはつきずに夜がふけていく。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

« April 2005 | Main | June 2005 »