« 理想の一日 | Main | いろんな本 »

2005.01.05

英語リーディング教本

英語リーディング教本―基本からわかる読みました。

年明けからのんびり読もうと思っていたけど、他にやりたいことがいっぱい
あるので、全力でノートにまとめました。これ一冊では、英文法カバーして
いないので、他の参考書との併読が必要です。(一応、受験生向けなので、
通常の勉強はしている前提で書かれているのでしょう)。

HDDのこやしになっていた、ロイヤル英文法が役に立ちました。ていうか、
ロイヤル英文法かなりいい本です。例文もわかりやすいし、なにげに用例も
詳しかった。欠点は、書籍は重いし、PC上で検索するにはキーワード
(形式主語とか、感嘆文とか)が分からないと何も引けない事。

話を英語リーディング教本に戻すと、分詞構文なんかは、受験生以来なので、
本当に10年以上昔の話で懐かしかったです。とりあえず、大事なところは
ルーズリーフ7枚にまとめました。
リーディングに必要な文法は、ざっとですが復習でき、目的は達成しました。

次の一歩である、英語リーディングの秘密とか、英語リーディングの真実は
買ってあるけどこれは風呂場とかで読もう。なんとなく、時間をかけてゆっくり
読んだ方がよさげ。

次は、English Grammarin Useとか、Practical English Usageが控えていますが、
ちょっと優先順位を下げよう。

|

« 理想の一日 | Main | いろんな本 »

Comments

たぶん英語力は海外での業務に支障ないくらいのレベルに達していると思われます(なれるには2週間から1ヶ月かかる)がやはりTOEFLXX点が必要なんでしょうね。
私の場合は東南アジアの某国でしたがなれるまで1ヶ月は神経性下痢が続きました。そのあとは英語でけんかしたり、お店で値切ったりと、すっかりなじんでいました。

Posted by: mfreeman | 2005.01.05 at 02:14 PM

コメントありがとうございます。
年に数回ほど、外人のエンジニアと話すのですが、やっぱりコミュニケーション取れないです。
「ここにFFを入れたいんだが問題ないか?」が言えないです。
なんか、気楽に英語の相手をしてくれる人が身近にいればいいですけどね。

Posted by: なつたん | 2005.01.06 at 04:22 PM

そんなときは英作文をしないでパッと頭に浮かぶ英単語を先に口に出して相手に考えさえたらどうでしょうか。この場合は「FlipFlop here add(insert,wantなんでも可)、一呼吸おいて、any(whatでも)probem?(しり上がりに言う)」なんてどーでしょうか(すでに実行されているでしょうが)。よく言われているRとLの発音なんて気にしなくても通じますがFの発音をHですると通じないようです。Fの発音が通じないときはPの発音で通じました。
なれて余裕がでてきたら文法どおりにしゃべれると思います。

Posted by: mfreeman | 2005.01.07 at 04:23 PM

なるほど、アドバイスありがとうございます。

まだまだ、そこのレベルまでも行けていません。
外人と話すときは、いつも私より英語ができる人がそばにいて、その人におんぶにだっこに
なっています。その人の英語は聞きやすいので、頑張ってメモしていますが。
もうちょっと、英語を使う頻度が増えるといいんですけどね・・・。

Posted by: なつたん | 2005.01.11 at 10:18 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/2475605

Listed below are links to weblogs that reference 英語リーディング教本:

« 理想の一日 | Main | いろんな本 »