« December 2004 | Main | February 2005 »

2005.01.31

今日の日記

全然今日でもないのですがとりとめもなく日記を。

バーチャル・ネット娘の威力という記事を見ました。
モバイル界の伝道師、バーチャル・ネット・モバイラー 鯨13歳は、ちゆまであと一歩
及ばなかったようです。残念。

ペーパーバックを読んでいるのですが、上手く章毎に(物理的に)分断できないものだろうか。
持ち運ぶにはかさばりすぎる。いまいちググルでも上手く引っかからない今日この頃。
知っている人がいたら教えてください。

仕事で飯田橋周辺に行くことがあったので、大学時代のサークル歌友によってきました。
行きの電車の中で、冷たい校舎の時は止まるを上中下とまとめて読んだので
学生時代が懐かしくなって、ふらふらと寄ってしまいました。
現役のみなさんに生暖かくお話ができて非常に良かったです。おっさんの相手してくれてありがとう。
試験中なのに押しかけてごめんなさい。歌集をもらったけど、すごく綺麗になっていて良かったです。
歌友の部員の人も、僕たちがいたときよりも、ずいぶんと男前が増えたように思いました。
僕たちの現役のころは、アンガールズ、カンニング、間寛平みたいな雰囲気でした。
アンガールズ大好き。

EDSFに行って思ったこと。
なんか、同じ仕事をしているメンバーのうち3割近くは英語がぺらぺらなので、自分が英語しゃべる
機会なんて全然無いんです。というわけで、もう少し情報を集めて、中国語(北京語)を勉強してみる
のも面白いかもと思った。台湾とかASICも結構やってるし、中国というよりは東南アジアでのJobを
期待。英語できる人に聞いたけど、アメリカの企業では管理職レベルでかならず中国人いるから、
アジア+アメリカというくくりなら中国語も勉強する価値が十分にあるみたい。
人と違うことやらないとね。まずは、ニーハオから。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

RSSリーダー

事情通

みなさんは、他の人のBlogの更新はどのようにチェックされているでしょうか。
私は、ソースネクストの「いきなり事情通」を使っています。
微妙に使いにくく、安かろう、悪かろうな所はあるのですが、1980円なので価格分は
十分に使ったと感じています。

最近MindManagerでRSSのチェックができることに気がつきました。

事情通

これがBlogを登録したところ。

事情通

更新させると、こんな感じでもくもくと表示される。

結構、面白そうでしょ。XPじゃないと、上手く日本語表示できないかも。
見た目は結構行けているけど、問題は未読管理ができないこと。
日経のWEBとかで、毎日必ずチェクするなら使えるかも。

というわけで、いろいろ問題があってもソースネクストを応援しています。
つぶれる前に買え!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.24

LED訴訟

やや出遅れましたが、青色LED訴訟について。

大前提として日亜化学工業は逝ってよし。経営者はしっかりと責任
を取って欲しい。その上で、いろいろと思っているのが、発明対価
6億円という金額でしょう。

私は金額的には十分妥当だと思っています。青色LEDが世の中に
与えた影響というのは、町中の信号機を見てもらえればわかります。
ピンポイントの発明で、これだけ世の中のものが入れ替わるのは
非常に珍しいです。それだけ、世の中に待ち望まれていた技術で
あったと言えます。
でも、中村教授が一人で発明したわけではないんですよ。やっぱり。
中村教授が100年前に生まれていたら、青色LEDを発明できたかと
いうと絶対にできなかった(100年前というのは、ちょうどLEDの
原理が発見された頃)。

この100年近くの間に、LEDの理論、生成方法、実験用設備などの
いろんな条件が整って、そこに最後のパーツとして中村教授が
いたんです。理系の人なら理解できると思いますが、まず研究と
いうステップに上がるだけでも、ものすごい先人の知恵を使って
いるわけです。物理や数学を体系的にまとめてくれた人がいて、
さらに大学という形でしっかりと教育してくれる仕組みを作った
人がいる。いろんな発明、発見というのは失敗した人がいて、
成功した人がいる。だれかが失敗して、その情報を共有できるから
他の人は別の方法でチャレンジができる。

一つの新しい事が生まれるまでには、本当にいろんな人が関わっ
ている。そういう状況で、最後の一歩を踏んだ人だけが数百億と
いうのは取りすぎじゃないかと思うわけです。同じように青色LED
に挑戦し結局ダメだった人も、それが中村教授の成功に影響を
与えたのなら、同じように何割かもらってもいいなじゃないかと
思います。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.01.17

風呂モバ4

まだまだ風呂モバです。
バッテリが持たないなら、充電しながら使えば良いんですよ。
ずばり、自作パワーバンク!
ハードウェア改造☆ なんてすてきな響き。
どうせ使い道がないので、標準のケーブルをばっさり。

自作パワーバンク作り方
(1)ACケーブルをコンセントに差し、端子の極性をメモする。
(2)ACケーブルをばっさり切って、乾電池ホルダーにつなげる。
(3)乾電池を入れて完成!

熱収縮チューブ欲しかったけど、買うのを忘れたのでビニール
テープで我慢。I/Fは5Vですが、あまり気にせず乾電池の4.5Vを突っ込む。
キーボードがじゃまなので、少しずらして思い切ってGO!

充電中


充電ランプ キターー(゚∀゚)ーーッ

ハード改造は成功したが、ちょっとまてよ。
jornada568って充電中キーボード使えないのかYp!
それじゃあ、お風呂で単語引けないじゃん。

手間暇かけて4連敗 _| ̄|○

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の日記

年末年始飛ばしすぎたのか、ややゲームの時間多めです。

読んだ本
マインドマップ読書術―自分ブランドを高め、人生の可能性を広げるノウハウ
自分なりに工夫してやっていたけど、結構有名な方法だったんだと改めて確認。
マインドマップに興味のある人はお勧め。まずは立ち読みを。

ポチ・たまと読む自分を変えてくれる本にめぐり合う技術
読書を始めたいんだけど、何から読んでいいのかわからない人にお勧め。
課長嶋耕作とか、結構気を抜いて読める本も入ってます。

問題な日本語
明鏡国語辞典の編集部が作った本。間違えやすい日本語と、なぜそういう言い回しが
広まったのかを考察してあります。難しいことをわかりやすく説明してありました。
読んでいるだけで、編集部の日本語に対する柔軟な考え方が伝わってきます。
明鏡国語辞典も欲しくなってきました。お勧め!

今、読みかけの本
恥ずかしい読書
途中ですが、かなり面白いです。普通の読書に飽きた人におすすめ。

Bartimaeus Trilogy: The Amulet of Samarkand
電車の中で辞書を引きながら読んでいます。普通に内容が面白い、先を読みたいと
思うようになり、少しだけですが英語力が上がっているのを実感しています。

以上。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.14

風呂モバ3!

風呂モバしたい欲が高まりまくっている私ですがみなさん
いかがお過ごしでしょうか。

昨日、日本橋にいってきましたが、投げ売りの電子辞書は見つからず
「例え投げ売りでも、バックライトがないとダメではないだろうか」
と非常に冷静な判断を下せるようになりました。さすが俺。

予定としては、もう一台ジョルナダ568を買ってきて、それをお風呂
専用にすれば良いじゃないかと思っていたのですが、日本橋、
難波ソフマップ、京都ソフマップとも、jornada568は影も形もありません。

そこで、今日は思い切って永久保存する予定だったjornada568を、
清水の舞台から飛び降りる勢いでお風呂に持ち込みました。
画面は明るいし、キーボードは打ちやすいし、こりゃ極楽☆
ビバ ebpocketと思っていたのですが、とんだ落とし穴が!

単語を2つ検索して、3つ目の単語を調べようとすると、バッテリの警告が!
5分くらいしかもたないじゃないか!

買った当時はバッテリが取り替え式なのでへたっても大丈夫と思ってい
ましたよ。発売延期されまくりのE2000、存在自体がネタとしか思えない
ポケギをを横目に、「キーボードマンセー!デキュマわしょーい!」と
盛り上がっていた頃が懐かしいです。

長井秀和風にいうと「オタクはバッテリが取り替えられるかどうか、非常に
気にする。新しい機種がでれば飛びつく奴ほど、バッテリにこだわる。
しかし、バッテリがへたるよりもさきに、メーカーのサポートがへたる。
欲しいときにバッテリを買えた試しがない。よって、バッテリを取り替える
メリットなんてないんです。早く気がついてください。」

というわけで3連敗です。_| ̄|○

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.11

ダメな大人 パート1

少しずつこのココログも人が見るようになってきて、知り合いの方からも
真面目ですねと言われるようになりました。しかし、実際の私は社会人
失格すれすれのダメ人間です。

今日はそのダメッぷりをレポート!

1月7日、どうしてもお風呂で洋書が読みたくなり、お風呂で使える
安い電子辞書が欲しくなる。フレックスを最大に利用して、4時に仕事
をやめてしまう。もちろん、やるべき仕事は山積みだけどキニシナイ。

電子辞書用の予算を一万円と決め、京都寺町電気街をあさるが、ろくな
辞書が無くて挫折。帰りに寄ったソフマップで、GBAのゲームを購入。

鉄腕アトム1000円、初めの一歩1000円、LUNA 2280円、ファミコンミニ
メトロイド1580円、メトロイドヒュージョン2280円、メトロイドゼロ
ミッション2079円

しめて10219円なり。ぴったりだ!。

家でどうどうとGBAをすると嫁に怒られるので、夜中こっそりおきて
ファミコンミニメトロイドと、はじめの一歩を10分ずつくらい遊びました。

すごく満足しました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ダメな大人 パート2

世の中には、ダメな大人がたくさんいるもので、必要以上にPDAを
持ち歩くダメモバイラーもダメな大人の典型です。
モバイラーの中でも、かなりダメな方向に強いベクトルが向いているのが
お風呂モバイラーです。お風呂でモバイル、略して「風呂モバ」。

読んで時のごとく、PDAやノートパソコンをお風呂に持ち込んで遊びます。
2chのスレを見る限り、大きく「何もしない派」と「ジップロック派」に
分かれるようです。「ジップロック派」の中には、「空気入れない派」と
「空気入れる派」に分かれています。前者は、PDAと一体化した操作感と
防水性においてすぐれていますが、後者には万が一湯船に落としてもそれ自体
が沈まないというメリットがあります。
ちなみにジップロックは数回使うと気密性が薄れてくるようなので、3回
くらいでどんどん新しいのに換えた方が良いみたいです。2chでこんな
実践的なアドバイスをもらうのは久しぶりです。
Mobile Pressも風呂モバ特集をすれば、休刊しないですんだでしょう。

そんなこんなで、「お風呂で洋書が読みたい。その時に辞書があったら
便利だな~」から「風呂モバしよう!まずは辞書環境から!」と目的と
手段が一発でひっくり返ってしまいました。

1月8日
初めての風呂モバに挑戦。人柱となる記念すべき一号は、Zaurus igeti。
ジップロックでくるんでお風呂に入ると、スタイラスを忘れたことに気がつく。
そのまま部屋まで取りにかえり、廊下と勉強部屋をずぶぬれにして嫁に
怒られる。お風呂は暗くて画面が見えませんでした。一敗目。

1月10日
辞書がダメならゲームをすればいいじゃないか!と、今度は旧GBAを
持ち込む。GBA SPを買ってしまった今、旧GBAははっきりって出番がない。
お風呂であの輝きを取り戻そうと思ったが、これも暗くて断念。
しょうがないので、部屋にGBAを返して、別の本をとりに行きました。
廊下と勉強部屋をずぶぬれにして、(ry
二連敗!

今日もダメな大人でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダメな大人 パート3

ルナ ~レジェンド~ クリアーしました。

3連休の間に、嫁には「赤ちゃんは引き受けるから、たまには外に
買い物いきなよ~」って嫁を外に追い出して、嫁がいないところで
全力でゲームしていました。

仕事も勉強もありますが、なんだか世界を救わないといけない気が
して、夢中でやっていたらクリアーできました。この集中力が、仕事
に向かないのが残念。

とはいえ、やっぱりRPGっていいですよね。成長するし、チームワーク
もあるし、仕事をする勇気を与えてくれます。一人一人が特技をもって、
チームで大きな成果を上げるというのは、仕事をしていく上で本当に
大事な事です。あきらめちゃダメだし、最後は自分の大事な人のために
全力で頑張る。いざって時に、自分が守る物は何なのか?なんのために、
仕事しているのか?ゲームはそういうことを教えてくれる。

本気で思ってますよ。ゲーム脳、バンザーイ!

3日遊んだ分、最後に残った仕事は半泣きでした。_| ̄|○

明日からまた頑張ろう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.05

今日の日記

Computer Organization and Designをざっくり見渡す。

Second edition に比べて、コンパイラの動きの説明が増えている。Cのソースが
MIPSのアセンブラにどう落ちるかが詳しくかいてある。
全体的にペンティアム4に関する記述が追加されていて、読むのが大変/おもしろ
そうだ。ARMに関する記述がほとんどないのは、対抗心があるのだろうか・・
オブジェクト指向の言語がどのようにアセンブラになるかも、CD-ROMに格納されて
いる。ていうかCD-ROMの中身が熱い!
MIPS CPUの内部構成の説明はほとんど同じ。
HDD回りは、全面に書き換えられている気がする。RAIDの具体的なアルゴリズムまで
書いてある。

Verilogメモ
プルアップの定義って、こんな簡単にできるんだ。
pullup p0(CKE);
pullup p1(RAS_N);
pullup p2(CAS_N);
pullup p3(WE_N);
( ゚д゚)つ〃∩ へぇへぇへぇ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いろんな本


トラックバックを受けて。

昨年の年末は「捨てるために読む」でしたので、かなり雑に読みました。

生き方うんぬんについては、これだけ読んでいけば十分な気がします。名著と呼ばれる本は
たしかに素晴らしいですが、当たり前の事しか書いてありません。(それでも、実行するのは
かなり難しいですが)。ちょっとトンガッタ本はどうしても思想の押しつけになるので
気持ちよく読めませんでした。

タイムマネージメントは、本屋で適当に立ち読みして、文体と挿絵で一冊選べば十分ですね。
大事なことを書き出して、優先順位つけて、実施にやって、結果を見る。結局、これ以上のこと
は書いてないです。違いはそれを行うための手段が、一冊の手帳だったり、パソコン中心だったり
する事と、時間を作り出すための小ネタだけです。その小ネタを知るために、お金を出して
本を買っているわけです。

と、自信を持って言えるようになりました(^^;

とはいえ、この手の本は読めば読むほど、会社におんぶにだっこの気持ちを吹き払ってくれるので
定期的には読むようにしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

英語リーディング教本

英語リーディング教本―基本からわかる読みました。

年明けからのんびり読もうと思っていたけど、他にやりたいことがいっぱい
あるので、全力でノートにまとめました。これ一冊では、英文法カバーして
いないので、他の参考書との併読が必要です。(一応、受験生向けなので、
通常の勉強はしている前提で書かれているのでしょう)。

HDDのこやしになっていた、ロイヤル英文法が役に立ちました。ていうか、
ロイヤル英文法かなりいい本です。例文もわかりやすいし、なにげに用例も
詳しかった。欠点は、書籍は重いし、PC上で検索するにはキーワード
(形式主語とか、感嘆文とか)が分からないと何も引けない事。

話を英語リーディング教本に戻すと、分詞構文なんかは、受験生以来なので、
本当に10年以上昔の話で懐かしかったです。とりあえず、大事なところは
ルーズリーフ7枚にまとめました。
リーディングに必要な文法は、ざっとですが復習でき、目的は達成しました。

次の一歩である、英語リーディングの秘密とか、英語リーディングの真実は
買ってあるけどこれは風呂場とかで読もう。なんとなく、時間をかけてゆっくり
読んだ方がよさげ。

次は、English Grammarin Useとか、Practical English Usageが控えていますが、
ちょっと優先順位を下げよう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

理想の一日

年末年始に大量に読んだ本を役立てるべく、理想的な一日を想定してみる。
仕事が忙しくなれば、こんなのは吹き飛ぶんだが、目標を書き出してみる
のは悪くない。

4:00 - 4:30 朝食、シャワー、メールチェク
4:30 - 5:30 勉強時間1 英文法勉強
5:30 - 6:30 通勤時間 勉強時間2 英語でビジネスお勉強
7:00 - 7:30 出社、Web、2ch巡回
7:30 - 8:00 勉強時間3 英語リスニング
8:00 - 9:00 勉強時間4 HDLテストベンチ勉強
9:00 - 仕事!

18:30 - 19:30 通勤時間 勉強時間5 ???
19:30 - 20:00 娘入浴
20:00 - 食事、家事、育児、残業、英語ライティング(英語日記)

どうよ。
娘(一ヶ月)を風呂に入れてからは、娘次第のスケジュールになる。
朝2時起きで、なんでもできる! を参考に朝方に勉強を持ってきて、夜は娘に
合わせる。去年の年末一週間ほどやってみたけど、4:00起きは全然
大丈夫だった。(前の日にどれだけ早く寝れるかが勝負だけど。)
さすがに、お昼休みは多分爆睡しないと仕事にならない。

気になった点をまとめると。

CPU作っている暇がないじゃん。勉強時間が英語に偏りすぎ。
行きの通勤時間は、始発なので確実に座れるけど、帰りは混んでるから、
できることが限られる。でも、ここに何か入れたいな。
自分の中のゴールデンタイム(一番調子のいい時間)は、7:30~9:00までの
自分しか出社していない時間。ただし、ここに業務と無関係のCPU作りを
入れるのは流石に気が引ける。
英語の勉強に関しては、文法とリーディングは、細切れ時間でできる。
リスニングは、細切れでできるけど、集中できる環境じゃないとダメ。
ライティングは机が無いとダメ。
人生の優先順位的には、「家族 >> CPU > 英語」

等を考えながら、、年が明けてから全力で英文法のおさらいをやってしまった。
英文法の勉強は優先順位を下げれる。

4:00 - 4:30 朝食、シャワー、メールチェク
4:30 - 5:30 勉強時間1 CPU作成
5:30 - 6:30 通勤時間 勉強時間2 英語でビジネスお勉強
7:00 - 7:30 出社、Web、2ch巡回
7:30 - 9:00 勉強時間3 HDLテストベンチ勉強
9:00 - 仕事!

12:30-12:45 勉強時間4 英単語まとめ

18:30 - 19:30 通勤時間 勉強時間5 英単語復習
19:30 - 20:00 娘入浴
20:00 - 食事、家事、育児、残業、CPU作成

OK,兄者。いい感じだ。
HDLテストベンチ関連の本は、未読が4冊あるから、月1冊ペースで
読んでいこう。文法の詳細とかの勉強は、それ読んだ後だ。
昼休みに頑張って、読んだ英語の単語帳作成を行い、帰りの通勤時間
で復習しよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.02

読書切り!

年末年始は、ギター侍がでずっぱりですね。
というわけで、年末に大量に読んだ本です。

会社を使って「仕事力」をつける50の方法―組織に頼れない時代の勝ち抜き術

35歳までに必ずやるべきこと―運をつかむ人になれ

できる人の「仕事のアイデア」成功術

難関資格は働きながらとりなさい―社会人としての実務経験が役立ちます

段取りのつけ方・仕事のすすめ方

なぜか「仕事ができる人」の習慣

「10分刻み」ニッチタイム(すきま時間)超勉強法

能率手帳で情報を10倍いかす法―知的創造活動のための手帳術

全て、悪い本ではないのですがコメントをつけるほどのインパクトはありませ
んでした。他の本を読んだ分で十分カバーできる内容です。
ていうか、結局細かいテクニックを除けば、同じ事しか書いてないんですよ。
そういう意味では、私が読んだ順番が悪かったのでしょう。
最初の一冊であれば、評価がアップしたかもしれません。

同じような本を買いすぎ切り!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

年末の勉強

SEのための会計知識―お客さまの業務がわかる
予定通り、会社の会計の本を一冊読む。
全く知らないことだらけなので、ずいぶん勉強になりました。
最初の財務諸表さえ押さえてしまえば、あとは個別の項目(仕入とか、入金
とか、人件費と)に分類できて、それぞれの依存関係が少なく見えました。
システムとして良くできていると思います。連結決算については、新聞などで
は言葉を見ていましたが、こういうことなのかと初めて知りました。
本については図解も多くわかりやすかったですが、この手の本を一冊しか
読んでいないのと、全てを理解できたわけではないので、評価はできません。
必要以上に難しくは無かったです。

勉強をしていく上で、会計の用語が読めなかったり、意味がわからなかったり
しました。(たとえば、経常利益の「経常」ってどういう意味なんだとか。)
非常に役に立ったのが、バビロンの明鏡とマイペディアです。この2つの組み
合わせで用語の読みや簡単な意味を知ることができ、勉強が非常にはかどりま
した。どちらかにしかのっていない用語もあるので、2つを合わせて表示できる
バビロンは便利でした。


答えが見つかるまで考え抜く技術
上手く言えないですが、楽しく生きていく上でいろいろと考えさせられる
トピックが満載でした。これもMindMapでまとめました。
万人受けする内容ではないと思うので、普通におすすめ。書店で立ち読みして
良いと思えば買って下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年末の勉強

SEのための会計知識―お客さまの業務がわかる
予定通り、会社の会計の本を一冊読む。
全く知らないことだらけなので、ずいぶん勉強になりました。
最初の財務諸表さえ押さえてしまえば、あとは個別の項目(仕入とか、入金
とか、人件費と)に分類できて、それぞれの依存関係が少なく見えました。
システムとして良くできていると思います。連結決算については、新聞などで
は言葉を見ていましたが、こういうことなのかと初めて知りました。
本については図解も多くわかりやすかったですが、この手の本を一冊しか
読んでいないのと、全てを理解できたわけではないので、評価はできません。
必要以上に難しくは無かったです。

勉強をしていく上で、会計の用語が読めなかったり、意味がわからなかったり
しました。(たとえば、経常利益の「経常」ってどういう意味なんだとか。)
非常に役に立ったのが、バビロンの明鏡とマイペディアです。この2つの組み
合わせで用語の読みや簡単な意味を知ることができ、勉強が非常にはかどりま
した。どちらかにしかのっていない用語もあるので、2つを合わせて表示できる
バビロンは便利でした。


答えが見つかるまで考え抜く技術
上手く言えないですが、楽しく生きていく上でいろいろと考えさせられる
トピックが満載でした。これもMindMapでまとめました。
万人受けする内容ではないと思うので、普通におすすめ。書店で立ち読みして
良いと思えば買って下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

丸善行ってきたよ

12月29日は、京都の丸善へ行ってきました。

手帳も楽しそうなのがたくさんあったのですが、意志を強く持ってスルー
しました。
最上階の洋書コーナーで、いろいろと本を探す。
結局次の2冊買いました。

Technology Ventures: From Idea To Enterprise
アイデアをどうやって事業までもっていくかの本

Strategic Management of Technological Innovation
技術革新を起こすための、一般論が書いてある気がする本

MOTの本を読もうと思っていたけど、この2冊が良い気がしてきた。
恐ろしいのは、両方とも大学の教科書で、普通に理工書の棚に置いてあると
ころ。物理とコンピュータサイエンスの間にありました。アメリカの学生は、
電磁気学とかと同じレベルでビジネスの勉強をするのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »