« October 2004 | Main | December 2004 »

2004.11.13

相撲取りが寿司食いまくり!

An EE Times Network Newsletterから気になったニュースをピックアップ

>Editor's Comment
>================
>One of the big bugaboos hanging over the programmable logic world is
>the power issue--they eat power like sumo wrestlers eat sushi. Well,
>times change and that bugaboo is starting to fade. Check out the
>low-power design techniques we offer this week in our newsletter.
>Also, take our poll about design-project challenges.

http://newsletter.eeproductcenter.com/cgi-bin4/DM/y/mkYO0G1wBn0FrF0CvIv0BS

電源問題は世界共通のようで、「最近のFPGAは、相撲取りが寿司を食べるように
電力を食うぞ。今週は、特集組んでるからよく読め」って事みたいです。ちょっとワラタ。
記時はたいしたことありませんでした。後半はともかく、前半はトラ技が
デザインウェーブの受け売りそのままでした。
ぶっちゃけ、ステートマシーンをワンホットにしたくらいで下がる消費電力なんか
微々たるもので、「お前はやったことがあるのか」と小一時間問いつめたいですね。

最後の、take our pollの意味がわからないけど、ここ
とかみてると、「投票してください」みたいな感じか。どっかでアンケートしているんでしょう。


http://www.ti.com/corp/docs/landing/ads527x/index.htm?DCMP=ADS527xrelease&HQS=ProductBulletin+PA+ADS527x
TIの評価ボードです。
2段形式になっていて、マザーボード側にVirtex2が乗っており、ドーターボードに
TIのICが乗る構成です。
この手の評価ボードで、ユーザーが自由に使えるFPGAが乗ることはほとんどないので
すが、ようやく出てきた感じです。というか、このボードはFPGAが無いと何も
できません。無料のCAD(ISE、WebPACK)や最近の低価格評価ボードを見ていると
FPGAの裾野が広がっているのかなと感じます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コマンダー

ここに反応。

注意:今日の内容はあまりにも あれなので、気がついたら消えるかも
しれません。必要な方は各自HDDに保存してください。

へぇへぇーと思い、手持ちの辞書で調べてみた。
commanderでは、そのような意味は乗っていなかった。Oxfordも、Webbsterも、
シェイクスピア辞典にも乗っていなかった。

しょうがないので、和英の王様、「新和英大辞典」で引いたところ、こんな説明。


pa┓ntsu パンツ
n.
1 [猿股] underpants; drawers; [運動選手の] trunks; tights.
¶海水パンツ bathing shorts.
2 [ズボン] 《米俗》 pants; [乗馬用の] breeches; [ショートパンツ] shorts.

なんだこの辞書は!例文を載せろ!
これだけでは、パンツを使った英文とか、パンツの使い分けができないではないか。

リーダーズなんか、パンツで検索したら、一番上これだぞ!

hash mark
《軍俗》 →SERVICE STRIPE; 【フット】 →INBOUNDS LINE; [pl] 《俗》 パンツについたうん○のよごれ.

もっと詳しく知りたくなったので「新明解国語辞典」とならぶ、なんちゃって例文辞書 NEW斎藤さんの辞書で調べてみる。

「パンツ」っていう項目が無い。_| ̄|○

斎藤さんの時代にはパンツがなかったのか。しょうがない。
ちなみに「ふんどし」を引いてみると、

◆土人はふんどし一つで丸裸 The native is naked of clothing, except for his loin-cloth.

って、例文が載っていた。
やっぱり、すごい辞書だと思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ISEとPeggyProでタグジャンプ

ツール→オプション→全般タブの特殊タグパターンにこれを書く。
-\s([\w|\.|\/]+)\sline\s(\d+)


コマンドラインから論理合成をかけるbatファイルを作成し、Peggyから
実行する。(プロジェクトに加えてダブルクリック、上手くいかないときは
batファイルのプロパティ確認)

でこんなパターンからタグジャンプ可能
ERROR:HDLCompilers:207 - foo.v line 46 Signal 'XXXX' is not referenced in the module port list

以上

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.08

今日の日記

今日は、少し仕事が進みました。
どれくらい進んだかというと、「ミート君がバラバラにされて途方に暮れていたら、
悪魔超人を7人倒せば助かることが分かった」くらい進みました。

これから、1人ずつ倒していくよ。テリーマンもロビンマスクもいないけど、
1人で頑張るよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の本

アマゾンから本届いたよ。
(て他にもいっぱい買ってるけど)

Random house word menu
Random house build your power vocabulary
Principles of functional verification
Computer Organization and design

word menuは、ジャンル毎に用語集が載っている辞書のような感じ。
薄い辞書でカタカナ用語辞典とか、数学用語辞典とか、そんなのがありますよね。
それが一冊にまとまっているような感じ。
build your power vocabularyは、単語の語彙力を増やす本。薄いので持ち運べる。
つーか、語学の本安すぎる。いくらでも買える。

Principles of functional verificationは、Amazonで評判が良かったので購入。
しかし、5000円以上するのに薄いし字でかいし、少し存した気分。パラパラめくっても
そんな濃い事が書いていない。読みやすそうなので、鞄の中に入れて暇つぶしに
読むか。ランダム検証で、一章さいているのはユニーク。

Computer Organization and designは、有名なパターソン先生とヘネシー先生の本。
FPGA用の回路がついてくるので期待したが、本には特にFPGA関連は無いのね。

いくら、本人とはいえコンピュータの構成と設計の図面をそのまま使うのは
あまりにも手抜きじゃね?って思っていたら、その本の3'rd エディッションなのか!
全然気がつかなかった。_| ̄|○

新しいトピックが増えているので、CPUオタクとしてはぜひ読んでみたい。
あと、CD-ROMの中に無駄に濃い資料がいっぱい入っているので、そっちもチェックしよう。
Verilogのチュートリアルとか、PLIの使い方とか、そんな資料もありますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.06

今日の日記

クマーとワルツ 7章を読み終わり、8章もあと少し。
8章はすごく英文が簡単。ようするに、雑談ぽい所を読むのが大変なんだ。

で、すごく驚いているのが、通勤の電車内でのゲームを止めると、これだけの
本が読めるのだということ。
まあ、でも、もう少ししたらゲームに戻るでしょう。それまで、勉強がんばれ。
その前に、今の仕事を片づけないと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スローキャリア

スローキャリア読みました。

「仕事」とか、「プロフェッショナル」について、深く考えさせる本です。
タイトルから想像するよりは「スローキャリア」を実践することは、非常に大変です。

むしろ、MBA取れとか、キャリアを完全に指示されて、そこに挑戦する方が
楽でしょう。
仕事に対する目標をどこに据えるのか、今の仕事を見ながら深く考えてしまいました。

すごく気に入ったのが「リーダーシップ」の所です。今までリーダーというのは、
組織の中のリーダであり、そのメンバーを導く役割だと思っていました。しかし、
スローキャリアを読んで、組織を飛び出た所でのリーダーシップ(他部署や、お客
に対して)こそ、非常に大事である事に気がつきました。
これは、この本の一番の収穫です。

というわけで、自分で「伸び悩んでるな」って人におすすめ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.04

今日の日記

ランダムハウスはEPWING化成功!
未圧縮だと引けるけど、少しでも圧縮すると上手く引けない。
加えて、Tungstenに空き容量が無いので、とりあえず保留。
冬ボーまで、暖めておこう。80Mくらい。

そして、ボーナス時期になるまえに、ちょっと古いニッポニカを
ヤフオクでゲト。これもEPWING化しよう。本当は応援の意味で、
新品をちゃんと買いたいんだけど、最新版はEPWING化できなのじゃ
しょうがない。

あとは、ブリタニカもボナスで買おう。もしかしたら、もう百科事典
というものが無くなるかもしれない。買えるうちに買っておこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

デバッグツール

デバッグツール 9つの原則、54のヒント読みました。

評価は、微妙。
すごく大事なことが書いてあるんだけど、当たり前の話が延々と続く。
この本を読んで、「素晴らしい」と思う人は既に実行しているし、「ハァ?」って
人は読んでも理解できないだろう。

気になる人は、この辺りをチェク。
http://debuggingrules.com/
つーか、ポスターのサイズでかすぎ!

一応、ハードよりの話が多いので、マイコンな新人にお勧め。

僕の仕事は、この分かり切ったルールを具体的な小ネタに落とす事。
ロジアナと、チップスコープの使い分けとか。システム設計時に
切り分けのためのポイントをどう入れ込むかとか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.02

プログラマを笑え

プログラマを笑えを読む。

叫ぶ!と同じ人か。
すごく面白かったが、なぜか読んだことのある文章もいくつかあった。
前回と同じく、小ネタを入れながら業界の話を笑い飛ばす、そんな内容です。
しかし、インスタンスとインスマウスは間違えないだろ!普通に電車の中で
吹き出してしまった。強くは勧めないけど普通にお勧め。

火の鳥とか、しょうもないネタが大量に入っており、本好きな人にもお勧め。
っていうか、この人はものすごい読書量だと思う。

プログラマーと本好きに因果関係はあるのだろうか。そんなことを考えた一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.01

今日の日記

アマゾンから「体系的ソフトウェアテスト入門」のメールが来ている。面白そ
うだな。今月の給料で買おう。

辞書フェチな人向け
http://www.pot.co.jp/gotogi/2-11.html


検証ネタ

機能はグループに分けられる。機能のグループ毎に、検証の担当者を。
directed testcase approachって、どう日本語にするんだろう。

ASICの機能が増えているので少ないコード(テストベンチ)で、以前と同じくらいのテストを実行しないといけない。そこで、ランダム検証ですよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

英語の勉強

土曜日は久しぶりに会社を休んで本屋へ行く。
最近、気がついたことがある。僕は英文法の基礎ができていない。
データシートや、関数のヘルプくらいはよめるが、クマーの本とかニュースとか
時々、文の構造が全く分からないときがある。
今までは、内容が難しいからと思っていたが、違ったようだ。
本屋で何気なく大学受験用の参考書を見てみると、仕事で必須な文法以外は
さっぱり忘れている。倒置、仮定法、時勢、とかデータシートでてこないし。
データシートだと、can、must、should以外の助動詞なんてでてこないし。

というわけで、文法をおさらいしようと思った。そうしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ランダムハウスのEPWING化に挑戦中

ここの方法でとうしても上手くいかないので(jくらいでエラーがでる)、自力でテキスト化を挑戦中。

コマンドライン版の検索ツールCSRD
上手く動いてくれるので、DDWINから見出しだけ抜き出し→外字変換→コマンド
ラインで一つずつ検索→HTML化→EBstudioで変換の予定。

外字の変換は、最初はバイナリエディタと、Jammingでの検索結果を比較しなが
ら変換プログラムを作っていたが、csrdのドキュメントに変換テーブルを見つ
けて鬱。

今回の目標は、9割くらいの単語がPDAで引けることです。100%を目指すと難し
いけど、9割ならなんとかなるでしょう。

今日の問題点は、
・air armみたいな、空白が入る見出しは、airarmでcsrdに渡さないと行けない
・test1、test2みたいに、同じ言葉で見出しが複数ある場合は、1、2を取ってcsddに渡さないといけない。

上手くEPWING化できれば、ボーナスで2G CF買おう。そこに辞書入れまくれ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »