« トラッキング | Main | 日外ビジネス/技術実用英語大辞典 »

2004.10.13

仕様を決めるということ

Writing testbench続き

400ページ中、100ページを超えたところ。

UARTを例に、I/Fの仕様を確認していく例を説明している。
・データの並びはどうなっているか?
・オーバーフローやアンダーフローが発生したとき、何が起こるか?

等をひとつ、ひとつ確認していく。
よく知っているUARTでも結構面倒なので、新しいI/Fだと必ず抜けが出る。

だから、AMBAとか標準のバスをI/Fに使うのは良いことだと思う。仕様だけでなくツールやテストベンチも流用できるから。問題は日本語の情報が少ないことと、
ハードウェアエンジニア自体が、(守秘義務の関係で)上手く情報共有できない事。

Xilinxのサイトから、CoreConnectの仕様書ダウンロードしたときも、すごく
うるさくライセンスを確認された。いろいろあるとは思うんだけど、仕様書
くらいは好きにダウンロードさせて欲しかった。

そして、メモメモ
Features should be labeled and have a short description.
機能にしっかりと名前をつけるのは大事だ。

|

« トラッキング | Main | 日外ビジネス/技術実用英語大辞典 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/1669559

Listed below are links to weblogs that reference 仕様を決めるということ:

« トラッキング | Main | 日外ビジネス/技術実用英語大辞典 »