« 今日の日記 | Main | 多面体とオイラーの公式 »

2004.08.16

PWZで超仕事人

WZエディタで、「超」仕事人のTag:からタグジャンプするマクロを作りました。

ここから


------------------------------------------------------------
//超仕事人形式のTAG表現から、タグジャンプするマクロ
//Tag:出張費.txt から、超仕事人フォルダーのファイルを開く
//txstr tyoDir = "D:\\home\\txt\\tyo\\"; // 超仕事人ファイルのフォルダ
txstr tyoDir = "\\My documents\\sync\\tyo\\"; // 超仕事人ファイルのフォルダ

main
{
txstr fname;
int FileExist;
txstr jname;
char *p;
txstr tagstr = "Tag:";

txGetLine(text,fname);

p = strstr(fname,tagstr);
if(p==NULL){
//Tag:が見つからないので何もしないで終了
return;
}
p += 4;
jname = tyoDir+p;

FileExist = fileIsExist(jname);

if(!FileExist){
//ファイルが見つからないので何もしないで終了
return;
}
textFrameOpen(jname);

}
-------------------------------------------------------------------


ここまで

普通のマクロと同じように、適当に名前(tyo.txc等)をつけて、MACROフォルダーへ。あとは、Tag:出張費.txtにカーソルを合わせて、マクロを実行すると超仕事人フォルダーの、出張費.txtを開きます。

制限はありありで、超仕事人の方で、一行の先頭からTag:出張費.txtと一個だけTag:を書くこと。
Tag:出張費.txt  ← ○
  Tag:出張費.txt  ←×
Tag:出張費A.txt Tag:出張費B.txt  ←×

ついでに、超仕事人のファイルがあるフォルダー以外のファイルは開けません。ファイル名に空白があってもダメ。んでも、自分的にこれでOK。

何に使うかっていうと、jornada728とデスクトップで超仕事人のファイルを共有したときに、jornada728のPWZでテキストファイルをどんどんジャンプできます。
上の制限も、手間暇かけると直せるけど、面倒なのでここまで。夏休みに時間がとれれば、もうちょっと改良しよう。そうしよう。

|

« 今日の日記 | Main | 多面体とオイラーの公式 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/1205731

Listed below are links to weblogs that reference PWZで超仕事人:

« 今日の日記 | Main | 多面体とオイラーの公式 »