« それぞれの道 | Main | 多角形の面積の求め方 »

2004.06.02

クマーとワルツ

徐々に勉強を再開。

原文
With risk management, you may find yourself telling your client how a risk analysis shows that the window of uncertaintly around the delivery date goes all the way from an early, entirely satisfactory date to a range of dates that lie well beyond what he or she may be willn't to consider.


リスク管理をすると、時にはクライアントに対して、リスクを分析したところ納期の不確定要素の幅が広く余裕を持って納品できるかもしれないし、話にならないような日程になる可能性もあると告げなければならないかもしれない

こんなのわかんねー

windows of uncertaintiyで、不確定要素の幅
go all the wayが、最後までとことんやる。
early は名詞になると、初期の頃や、早めの生成物(野菜など)

how a risk analysis shows that ~ で、that以下の事がリスクの分析でわかるって意味だろうけど、that以下の文をどうすればこんな訳になるんだろう。
ってうか、, entirely から続く分が文法的にどう扱うのかさっぱりわかんない。
やっぱりだめだ。難しすぎる。_| ̄|○

|

« それぞれの道 | Main | 多角形の面積の求め方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/698540

Listed below are links to weblogs that reference クマーとワルツ:

« それぞれの道 | Main | 多角形の面積の求め方 »