« 西尾維新などなど | Main | GWの散財 »

2004.05.04

コールドマウンテン

嫁が夜中に突然「感動しにいく」と言って、コールドマウンテンを見てきた。
戦争物はからっきしだめなので、ずっと目をつぶってました。途中何回も「帰ってイイ?」と聞いたのですが、嫁が「ダメ、あとは(登場人物が)帰るだけだから」って言って結局最後まで見て(聞いて)ました。て、ただ脱走兵が家に帰るだけのストーリなので、なかなか最後までいかなくて困りました。
映画館のボリュームが大きくて、映画の中の銃声と悲鳴が今でも心に残っています。
戦争は良くないけど、映画ですら直視でない自分がそこにいました。。実際の戦争はもっとすごいと思う。多分、死のにおいってのがあるんだろうな。もし、映画ににおいがあったら、もっと戦争映画の評価ってかわるんじゃないか。少なくとも「感動しました」なんて簡単に言えない。この映画を見て「気持ち悪い」よりも先に「感動しました」と言える人が単純にすごいと思う。というわけで、吐き気が止まらない映画でした。嫁には言えないのでここに書くと、「ぼくはコナン君が見たかったです」。

|

« 西尾維新などなど | Main | GWの散財 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18154/538728

Listed below are links to weblogs that reference コールドマウンテン:

« 西尾維新などなど | Main | GWの散財 »